芸術大学の女子学生(西岡洸)が着てた服は何?表面フラッシュ現象が起きやすい衣類を調査!

 
スポンサーリンク
 

芸術大学の女子学生の西岡洸さんがグラインダーと呼ばれる電動機械で鉄板を切っていてその火花が服に飛び散って大やけどをおったのちなくなるというニュースが流れました。

この 芸術大学の女子学生の西岡洸さんが着ていた服はなんなのでしょうか?

また、火花で服が燃えるというので、おそらく表面フラッシュ現象が起きたんだと思いますが、その表面フラッシュ現象が起きやすい衣類がなにか調査していみたました。

スポンサーリンク
目次

芸術大学の女子学生(西岡洸)が火の粉が服に燃え移り大やけどを負って死亡

上記の映像がグラインダーという電動機械になります。

よくある円盤で鉄をきる機械になり、結構火花が飛び散っていますね!

その火花が芸術大学の女子学生の西岡洸さんが着ていた服に燃え移り、芸術大学の女子学生の西岡洸さんは前進に大やけど負いました。

それが2021年12月22日のこと。

その後、2021年12月30日に死亡が確認されたようです。

警察によりますと、22日午後2時すぎ、宇都宮市の文星芸術大学で大学3年の西岡洸さん(21)が作品を制作する授業中にグラインダーと呼ばれる電動機械で鉄板を切っていたところ、火花が飛び散って服に燃え移りました。

火が消えた後、西岡さんは病院に運ばれましたが、大やけどを負っていて、30日に死亡しました。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/7543de134a522757d5d32b13a0c2795fc8fb58ed

こういうニュースを聞くと大学側の安全管理に問題がなかったのか?とか、芸術大学の女子学生の西岡洸さんが1人で作業していたのか?

それとも、教授などほかに人がいて作業をしていたのかいろいろ気になりますよね。

また、芸術大学の女子学生の西岡洸さんが当日着ていた服は何なのか気になったので調べてみました。

芸術大学の女子学生(西岡洸)が来ていた服は何?表面フラッシュ現象が起こったのか?

※上記の映像は10秒ぐらいのものになります。

この芸術大学の女子学生の西岡洸さんが当日着ていた服は何になるのでしょうか?

色々調べてみたとこと、、、

当日の何を着ていたのか?などは発表されていません。

もしかすると燃えてしまって、何を着ていたのか?さえ分からない状態なのかもしれませんね。

ちなみにネットでは

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/7543de134a522757d5d32b13a0c2795fc8fb58ed/comments

といったように表面フラッシュ現象が起こったのではないか?と言われています。

その表面フラッシュ現象がどういうものか?というのはこの段落の見出し下のYouTube動画でご説明させていただきたいと思います。

映像としては約10秒の映像なので興味がある人は見てみてください。

火がつくとガソリンに火をつけたような感じで、表面に火が走っていっているのが映像から見ることができます。

ちなみに表面フラッシュ現象とは

空気との接触面積が大きい衣類表面の毛羽立った繊維が瞬時に燃え広がる現象を、表面フラッシュといいます。

ということでした。

芸術大学の女子学生の西岡洸さんの身にこの表面フラッシュ現象が起こったかどうかは不明ですが、火花が服に燃え移って、全身を大やけどするぐらいということなので、この表面フラッシュ現象が起こったものと考えられるのではないでしょうか?

ちなみにこの表面フラッシュ現象を起こしやすい衣類は何があるのでしょうか?

芸術大学の女子学生(西岡洸)に表面フラッシュ現象が起きた?表面フラッシュ現象が起やすい衣類を調査!

芸術大学の女子学生の西岡洸さんの身に表面フラッシュ現象が起こったとしたら、芸術大学の女子学生の西岡洸さんはどんな服を着ていたのでしょうか?

表面フラッシュ現象が起きやすい依頼を調べてみました。

そうすると、、、

表面フラッシュの起こりやすい衣料品の素材や形状として、綿、レーヨン等の易燃性セルロース系繊維の衣料があげられます。

特にネル地のように生地表面に細かい繊維が起毛され、空気を含みやすい形状である場合に発生しやすくなります。

ということです。

最近、流行の起毛がどうも表面フラッシュ現象が起こしやすいようですね。

さらに、

・セルロース系繊維には表面フラッシュの危険があります。
・合成繊維には表面フラッシュが起こりません。
・獣毛製品には「表面フラッシュもどき」とでも呼ぶ現象が見られる時があります。
・横方向にフラッシュする場合もあります。
・密な毛羽では生地本体に着火する恐れがあります。
・毛羽方向については、逆目のほうが表面フラッシュが起こりやすい傾向があります。
・洗濯が表面フラッシュに及ぼす影響は断定できません。

https://www.kaken.or.jp/test/search/detail/27

ということでした。

これから考えられるに芸術大学の女子学生の西岡洸さんが着ていた服は

  • 綿、レーヨン等の易燃性セルロース系繊維の衣料
  • 獣毛製品
  • 密な毛羽製品

のどれかになるのではないでしょうか。

また、2021年12月29日には愛知県江南市のビニールハウス内で同じような事故が起こっています。

警察によりますと、29日午後5時前、江南市松竹町のビニールハウス内に遺体があるのを散歩中の女性が見つけました。

遺体は、ハウス内を暖める大型のストーブの横で、焼けた状態で見つかったということで、年齢、性別ともに分かっていません。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/d4b5f1924183e639a8e6051638f9106a57dedd34

上記事故はまだ事件・事故両方の可能性が残っているようですが、事故の場合、こちらも表面フラッシュ現象が起こったのではない?ともいわれています。

スポンサーリンク

まとめ:芸術大学の女子学生(西岡洸)が着てた服は何?表面フラッシュ現象が起きやすい衣類を調査!

今回は、芸術大学の女子学生の西岡洸さんの身に起こった事故について調べてみました。

当時、芸術大学の女子学生の西岡洸さんが着ていた服は分かりませんでしたが、おそらく芸術大学の女子学生の西岡洸さんの身に表面フラッシュ現象が起こったと思われるので、

  • 綿、レーヨン等の易燃性セルロース系繊維の衣料
  • 獣毛製品
  • 密な毛羽製品

この辺りの衣類を着ていたのではないか?と推測されます。

周囲に人がいた場合、安全対策などがどうなっていたのかも少し気がかりですね。

2021年12月28日の愛知県名古屋市港区路上の交通事故現場は野跡2丁目のどこ?見通しや雪の影響か調査! (mirumiru-honpo.com)

20年前の殺人事件は時効にならないの?時効廃止前の事件でも逮捕できる?海外にいたから? (mirumiru-honpo.com)

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる