GACKTの神経系疾患の病名はなに?現在の病状・体調は?活動休止はいつまで?

2021年9月8日GACKTさんが無期限の活動休止を発表しました。

その理由が不祥事とかではなく、GACKTさん自身の病気が原因とのこと。

GACKTさんが患っているのは幼少期からの神経系疾患とのことで詳しくは発表されていませんでした。

その神経系疾患が原因で一時は命に危険が及ぶほど容態が悪かったそうです。

そのGACKTさんの神経系疾患とは何でしょうか?病名は?

現在の病状はどうなっているのでしょうか?

また、無期限の活動休止となっていますが、いつまででしょうか?復帰はどのぐらいになるのか心配ですね。

スポンサーリンク
目次

GACKTの神経系疾患の病名はなに?目の病気とかかわりが?本当はコロナ?

GACKTの画像

GACKTさんですが、幼少期から神経系疾患を患っているとのことでした。

その影響で2021年の8月6日ぐらいから体調が悪いという連絡のあと容態が急変。

一時は命にかかわる状態に陥ったそうです。

このようにいつも行われている生配信が3週連続、体調変化のため中止となっていて心配されていました。

そんなGACKTさんの幼少期からの神経系疾患って何でしょうか?

こういう風にコロナじゃないか?と噂されていましたが、それは否定されたようですね。

ただ、病名を公表しないのはなんででしょうか?

ちなみに目の手術を以前された際も病名は公表していません。

目の手術のさいは網膜の手術をされたということだけでした。

もしかするとご自身のミステリアスな雰囲気を維持するために、あえて病名を公表していないのかもしれませんね。

で、幼少期からの神経系疾患となると考えられるのは

「てんかん」

とかかな?と思われます。
※あくまで予測です。GACKTさんがてんかんという事実はありません。

「てんかん」はてんかん発作を繰り返す脳の病気で、年齢、性別、人種の関係なく発病します。

「てんかん発作」の時の症状は、大脳の電気的な興奮が発生する場所によって様々です。

たとえば、いわゆる「けいれん」と呼ばれる手足をガクガクと一定のリズムで曲げ延ばしする間代発作や、手足が突っ張り体を硬くする強直発作、あるいは非常に短時間の意識消失が突然起こる欠神発作、全身や手足が一瞬ピクッとするミオクロニー発作、感覚や感情の変化、特殊な行動などいろいろな症状があらわれる複雑部分発作など、その症状は極めて多彩です。

引用:https://www.tenkan.info/about/epilepsy/

GACKTさんは普段は病気を感じさせないので、薬を飲んでいれば問題ないという状態なのではないでしょうか?

てんかんは薬でしっかりコントロールしていれば問題ないと思いますので。

これであれば幼少期からの神経系疾患というのも納得ですかね。

発達障害とかで病気が悪化することはそうそうないと思いますし、あとは精神系の疾患の可能性があるかなというぐらいではないでしょうか?

追記→テレビでは

多発性硬化症の疑い

視神経が障害されると視力が低下したり、視野が欠けたりします。
この症状が出る前や出ている最中に目を動かすと目の奥に痛みを感じることがあります。
脳幹部が障害されると目を動かす神経が麻痺してものが二重に見えたり( 複視 )、目が揺れたり(眼振)、顔の感覚や運動が麻痺したり、ものが飲み込みにくくなったり、しゃべりにくくなったりします。
小脳が障害されるとまっすぐ歩けなくなり、ちょうどお酒に酔った様な歩き方になったり、手がふるえたりします。
大脳の病変では手足の感覚障害や運動障害の他、 認知機能 にも影響を与えることがあります。
ただし、脊髄や視神経に比べると脳は大きいので、病変があっても何も症状を呈さないこともあります。
脊髄が障害されると胸や腹の帯状のしびれ、ぴりぴりした痛み、手足のしびれや運動麻痺、尿失禁、排尿・排便障害などが起こります。
脊髄障害の回復期に手や足が急にジーンとして突っ張ることがあります。
これは有痛性 強直性 痙攣といい、てんかんとは違います。
熱い風呂に入ったりして体温が上がると 一過性 にMSの症状が悪くなることがあります。
これはウートフ徴候といいます
。一般に同じ目や手足の症状でも、NMOにおける再発ではMSに比べより症状が 重篤 になることが多いです。さらにNMOでは、MSではほとんどみられない、吃逆、嘔吐、傾眠などが出現することもあります。

引用:https://www.ms-supportnavi.com/ja-jp/home/sclerosis/sclerosis-about.html

②重症筋無力症の疑い

全身の筋力低下、 易疲労性 が出現し、特に眼瞼下垂、 複視 などの眼の症状をおこしやすいことが特徴です(眼の症状だけの場合は眼筋型、全身の症状があるものを全身型とよんでいます)。 嚥下 が上手く出来なくなる場合もあります。重症化すると呼吸筋の麻痺をおこし、呼吸困難を来すこともあります。

引用:https://www.nanbyou.or.jp/entry/120

どちらも呼吸器系の症状と、GACKTさんが昔からおっしゃっていた目の病気にもつながってきますね。

また、はっきりとしたことが分かりましたら追記させていただきます。

GACKTの体調・病状は?

GACKTの画像

GACKTさんですが、一時は命の危険があったようですが、現在は落ち着いているようです。

体調が悪化した状況が数週間続いたようですが、体重が10キロも落ちたようですね。

現在の病状としては落ち着いているけど「重度の発声障害」を併発しているようです。

病気も「幼少期からの神経系疾患が原因で」と書かれているので本当は一緒に他の病気にかかっていたのかもしれません。

ちなみにてんかんの中でも声が勝手に出たり、出なかったりなど症状は色々あります。

が、それプラスもしかしたらささやかれていたコロナにかかっていた場合。

引用:新型コロナウイルス感染症の後遺症等についてのアンケート調査結果 (wakayama.lg.jp)

上記は和歌山県のアンケート調査結果になります。

216名に聞いて回答が163名なので人数としては少ないですが…

その中でも声というか喉の異常を訴えている人がいます。

GACKTさんがもしこの病気にかかっていたとしたら、病名を発表しないのも納得ですし、発声障害が起こっていないのもつじつまがあうかな?と思います。

また、GACKTさんは以前

「みなさん、ちょっともうコロナよくないすか?もうあんまり神経質になることやめないですか」

とも発言されていました。

それもあって、コロナにかかっていたら余計に発表できないのかもしれませんね…

※ただし、これはあくまで予測なので、GACKTさんがコロナにかかっていたという証拠や事実はありません。

また、事務所も「コロナではない」と否定はしています。

スポンサーリンク

GACKTの活動休止はいつまで?

GACKTの画像

GACKTさんの活動休止はいつまでなのでしょうか?

GACKTさんのプレスリリースでは

現在は自宅で療養中。今後は「主治医がいる海外に戻り、持病及び発声障害に関する精密検査をした後、活動再開に向けて治療に専念する予定」とした。

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/SportsHochi_20210907_OHT1T51215/

ということで、活動再開に向けて治療をこれから始めるということで、活動再開のめどはまだ立っていないようです。

もしこれがてんかんとかであれば、GACKTさんにあった薬とかがわかれば話は早いのではないでしょうか?

ちなみに万が一コロナでなっている場合は、どれぐらいでもとに戻るかは不明です。

最近でもキングオブコントの決勝を辞退された先日ジャングルポケット斉藤慎二さんもコロナにかかってちょっと動いたり、声をだしたりしただけで体内酸素の数値が下がって満足に仕事ができなかったそうです。

ジャングルポケット斉藤慎二さん の場合は、8月10日に発症し、9月5日に活動を再開されているので約1ヶ月かかっていますね。

実際、8月14日から25日まで入院しており、その後、後遺症のため10日間は自宅療養されていました。

それを考えるとGACKTさんも早く復帰されるのではないかな?とも考えていますが、この辺りは人それぞれのようななので復帰がいついつというのはいえないかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ:GACKTの神経系疾患の病名はなに?現在の病状・体調は?活動休止はいつまで?

今回は、2021年9月8日に無期限活動休止を発表されたGACKTさんの神経系疾患はなにか調べてみました。

GACKTさん自身が発表していないので正確には不明となっています。

ただ、幼少期からということを考えるとてんかんなども、候補にあがるかもしれませんね。

それ以外にテレビは

  1. 重症筋無力症
  2. 多発性硬化症

などを上げられていました。

また、コロナではないか?という噂もありましたがそれは証拠がありません。

現在の病状としては命の危機は脱し、安定はしているようですが重度の発声障害が残っているとのことでした。

活動休止がいつまで続くのかは不明ですが、意外と早く治ってくるかもしれませんね。

また、元気なGACKTさんを見たいです!

病気に負けずに頑張ってほしいですね。

※できれば年末年始の格付けまでには戻ってほしい。。。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる