ヒカルの実際の年収は2021年YouTubeよりも副業のほうが凄い!?50億超えは嘘?

 
スポンサーリンク
 

ユーチューバーのヒカルさん。

ヒカルさんはユーチューブでも登録者448万人(2021年8月時点)のトップユーチューバーです。

そんなヒカルさんですが実際の年収はYouTubeよりも副業のほうが凄いという噂なんですがどうでしょうか?

ちなみにその年収ですが50億超えともいわれていますが、さすがに嘘のような気もしますが実際はどうなんでしょうか?

今回はヒカルさんの年収を調べてみました。

スポンサーリンク
目次

ヒカルの2021年のYouTubeからの年収を予測

ヒカルの画像
引用:https://www.instagram.com/tadanokarisuma/

ヒカルさんの名前を始めて知ったのはVALUの騒動の時でした。

VALUというのは今はなくなったいるのですが、人に対して株を発行できる仕組みで、そのVALUでヒカルさん自身の仮想株式を売り出し、ヒカルさん自身が空売りするという手法をやって炎上していたのを覚えています。

※その時は謝罪をして、活動休止をされているので禊は終わっています。返金もされたと思います。

その時のVALUの買い取りとかがビットコインだったので、2021年6月に三崎優太さんがヒカルさんにビットコインをプレゼントした時に、初めて聞く風な演技をされた時は少しクスってしましたが。

おそらく案件の都合などもあるとは思います。

ヒカルの2021年のYouTubeからの年収は?

そんなヒカルさんの2021年のユーチューブからの年収ですが、予測してみました。

ユーチューブの年収を予測するのは海外のサイトを使います。

それは「https://socialblade.com/」というサイト。

こちらにユーチューブのURLを入れると計算してくれます。

まずはヒカルさんのメインのチャンネルから計算してみましょう。

ヒカルのユーチューブチャンネル
引用:(14) ヒカル(Hikaru) – YouTube

以下が結果です。

この数値の見方は

UPLOADS:アップロードされた動画数
SUBSCRIBERS:登録者
VIDEO VIEWS:視聴回数
COUNTRY:国
CHANNEL TYPE:チャンネルのタイプ 
USER CREATED:いつからやっているか
ESTIMATED MONTHLY EARNINGS :推定月収
ESTIMATED YEARLY EARNINGS:推定年収

となっています。

アメリカのサイトなので基本ドル表示になります。

そのため、ここでは1ドル110円とさせていただきます。

月収が$18.9K  –  $301.7K→日本円に直すと約208万~3318万円

年収が$226.3K  –  $3.6M→日本円に直すと2489万円~3億9600万円

となっています。

この幅があるのはユーチューブの広告収入はブラックボックスになっており、1再生0.5~1円と言われており、人によってはもっとあるからです。

そのため広告の収入は幅が広くなっています。

また、ヒカルさんはこれ以外にもチャンネルを持っており、それぞれで見ていきましょう。

●Hikaru Games

ヒカルのユーチューブチャンネル
引用:https://www.youtube.com/user/kinnpatuhikaru

こちらは

月収が$1.4K  –  $22.5K→日本円に直すと15万~250万

年収は$16.8K  –  $269.6K→日本円に直すと185万円~2965万円

●ヒカルのドーナツ屋さん

こちらは最近更新されていないようですが。

ヒカルのユーチューブチャンネル
引用:https://www.youtube.com/channel/UCvc33FeURfaIN5M8x9wGVjQ

月収が$18  –  $280→日本円に直すと1980円~3万円

年収が$210  –  $3.4K→日本円に直すと23100円~37万円

●ヒカルさんの小銭稼ぎ

こちらも最近は更新されていないようですが、

引用:https://www.youtube.com/channel/UCzVaupa8VNfVXxkYJibizlw

月収が$11  –  $183→日本円に直すと1210円~2万円

年収が$138  –  $2.2K→日本円に直すと15180円~24万円

となっています。

これら4つのチャンネルの年収を合計すると、ヒカルさんのユーチューブの広告収入による年収がわかってきます。

年収の下限が約2678万円で、上限が4億2600万円

になります。。。。

流石、トップユーチューバーですね。

これに案件などもあるはずなので、余裕で5億超えは確かなようです。

ちなみに企業案件ですが1本600万ぐらいではないか?と予想されている人もいました。

そうなると6億ぐらいはいきますね。。。

ヒカルの実際の年収はYouTubeよりも副業のほうが凄い!

ヒカルと三崎優太の画像
引用:https://www.instagram.com/tadanokarisuma/

ヒカルさんのユーチューブからの広告収入が年収で余裕で億超えというのが分かりましたが、実際は、ユーチューブよりも副業のほうが儲かっていると言われています。

ヒカルさんがやられている副業(ユーチューブを本業ととらえると)は

  • 音楽活動
  • 不動産
  • 宮迫博之さんと焼肉店
  • ReZARDというアパレルブランド
  • 脱毛
  • ヘッドスパ
  • 買い取り事業

があります。

これらの収入が凄まじいことになっています。

とくに宮迫博之さんを広告塔に使っているReZARDというアパレルブランド。

こちらの売り上げが初年度(2020年)で25億に達した模様です。

ヒカルさんは今後、売上100億円も目指すと明言されていました。

初年度で25億円というのはやばいですね。(語彙がすごすぎて。。)

ちなみに年商は50億ということでした。。。。

ユーチューブの収入が6億円としても、残りの44億円は副業で稼がれていることになります。

このヒカルさんの年商が50億というのは三崎優太さんとの対談で語られていました。

全体の年商は「50億くらいですかね」と語ったヒカル。

通常の企業であれば広告費に莫大な費用が必要なのに対して、ヒカルは自身で宣伝するため、広告費は「ほぼゼロ」であるという。

引用:https://mdpr.jp/news/detail/2648338

ということでした。

ただ、どれも始まって間もないので今後安定していくかどうかはまだ不透明だと言っていました。

さらに、ヒカルさんが全部運用しているか?というと、そういうわけではなく、ヒカルさんは出資者としており、運営自体は分野ごとに任せている人がいるとのことでした。

ヒカルの年収50億超えは嘘!?

ヒカルと兄・まえっさんの画像

上記でヒカルさんの年商が50億というのをお伝えしましたが、

ヒカルさんの年収ですが50億超えてくるというのはうそというか間違いにはなります。

注意:嘘ではありません。

年商が50億というだけで、年収ではないからです。

先ほどのユーチューブの中でもReZARDというアパレルブランドの売り上げが25億。

ただ、アパレルの利益率は20~30%なので年間の収益が5億~7億円になります。

仮にユーチューブの収益が6億円で、それ以外の44億円の利益率を30%とした場合、13億ぐらいが利益になります。

なので、利益としては19億。

ここはもしかすると案件とかでユーチューブの利益が7億とかかもしれないので、きりがいい20億円と仮定します。

この利益に経費や人件費がかかってくるので、3割ぐらいがヒカルさんのものになるのではないでしょうか?

それでも6億円がヒカルさんの年収になると考えられます。

※経費もヒカルさんの使えるお金ではあります。

その経費で私生活の家賃などすべて経費で賄っているとおもうので、使えるお金とすれば6億以上はあります。

また、6億円はほぼほぼ手元に残るお金となりますね。

ちなみにヒカルさんにはお兄さんがいて、裏方としても演者としても活動されています。

お兄さんはまえっさんという名前で活動されていますが、ヒカルさんと収入を折半しているといっていました。

アパレルブランドの収入などすべてかどうかはわかりませんが、すべて折半しているとすると、ヒカルさんの年収はさらに下がり、3億ぐらいではないでしょうか?

あと、ヒカルさんぐらい頭がきれる人であれば、資産運用のための会社を設立して、そこにお金をいれて、生活費だけその会社から給料としてもらう図式をとっているはずなので、年収自体はもっと少ないかもしれません。

ただ、使えるお金は莫大にあるということになります。

スポンサーリンク

まとめ:ヒカルの実際の年収はYouTubeよりも副業のほうが凄い!?50億超えは嘘?

今回はヒカルさんの年収を計算してみました。

ヒカルさんのYouTubeからの広告収入は最大で4億。

でも案件などもあるので5億~6億ぐらいはいっているのではないでしょうか?

ただ、三崎優太さんのYouTubeチャンネルでヒカルさんの年商が50億といっていたので、YouTube以外の副業からの収入のほうが大きくなっています。

また、年商が50億なので、利益率や経費・人件費などを考えるとヒカルさんの年収はもっと少なくはなると思います。

あと、お兄さんであるまえっさんと折半しているともいわれているので、もっと少なくなりますかね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる