蛍原徹(ホトちゃん)かわいそう…大丈夫!ひとりもでやっていける5つの理由!

 
スポンサーリンク
 

雨上がり決死隊の宮迫博之さんと蛍原徹(ホトちゃん)さんが、2021年8月17日に雨上がり決死隊を解散することを発表しました。

宮迫博之さんが闇営業問題で2019年からテレビに出られなくなり、ひとりでアメトーーク!なども切り盛りして、宮迫博之さんの帰りを待っていた蛍原徹(ホトちゃん)さん。

蛍原徹(ホトちゃん)さんかわいそうですよね…

まぁ、どちらが言い出したこととか、お互いが納得して解散であるのであれば問題ないかもしれませんが。

ちなみに雨上がり決死隊は今まで宮迫博之さんが引っ張ってきたイメージですが、蛍原徹(ホトちゃん)さんひとりで今後も大丈夫なんでしょうか?

そこはどうやら心配なさそうです!

蛍原徹(ホトちゃん)さんがひとるもやっていける5つの理由をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク
目次

蛍原徹(ホトちゃん)かわいそう…

雨上がり決死隊の画像

2019年の闇営業問題で活動を自粛されていた宮迫博之さん。

吉本興業からもクビになっていました。

ただ、そのときも蛍原徹(ホトちゃん)さんは宮迫博之さんの見方で、宮迫博之さんが帰ってくる場所を「アメトーーク!」を守るために、ひとりで頑張っていましたね。

それまでのアメトーークは宮迫博之さんが基本司会もされ共演者のいじりもしていましたが、それがすべて蛍原徹(ホトちゃん)さんの仕事になってきて、かつ、視聴率も気にしないといけないの結構大変だったと思います。

それでも頑張ってきたのは宮迫博之さんと、また、コンビでテレビ出演をされたいという思いがあったからじゃないでしょうか?

ちなみに宮迫博之さんは吉本興業をクビになったあと、明石家さんまさんなどと一緒にされていましたが、そのさんまさんや松本さんの中止を振り切って、ユーチューブ活動を開始します。

※いまではそのユーチューブの活動も軌道にのり、現在登録者数は140万人。トップユーチューバーの1人となっています。

ただ、宮迫博之さんがそのようにご自身なりで活動するのは良いとしても、そういった活動をすればするほどテレビへの復帰が難しくなっていったのも確かなようです。

まぁ、吉本興業的にはみそぎを済ませていない宮迫博之さんをあまりテレビには出させたくないというはあると思うので、、

圧力はかけていないと思いますが、テレビ局側の忖度もあると思います。

そのためなかなかテレビ復帰がかなっていません。

※宮迫博之さんがテレビ復帰をするなら「アメトーーク!」と言っていたので、アメトーークさえ出さなければ吉本興業的には良いという感じなんだと思います。

そんな宮迫博之さんの帰りを待って2年。

2021年8月に雨上がり決死隊の活動は32年で幕をおろすこととなりました。

どちらが言い出したか?という所も気になりますが、これが宮迫博之さんから言い出したことだったら本当に蛍原徹(ホトちゃん)さんがかわいそう。。。

蛍原徹(ホトちゃん)さんが言い出して、宮迫博之さんと蛍原徹(ホトちゃん)さんが納得されているんだったら問題はないと思うんですが、、、

2021年8月17日の20時から記者会見をやられるそうなので、そこで真相がわかると思います。

それによっては、もう一度宮迫博之さんに逆風が吹くかもしれませんね。。。

追記→生放送をみた結果は、解散を切り出したのは蛍原徹さんでしたね。。。

決断のきっかけは宮迫博之さんのユーチューブ活動だったようです。

決断のきっかけとなったのは、宮迫のYouTube活動。

闇営業問題で同じく謹慎した

「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(49)が復帰ライブと会見を行う前日の20年1月29日に、宮迫はYouTubeチャンネルを開設。

謝罪動画を配信した。

蛍原は「今もアレはどうかと思っている」と、この日も口にするほど深い不信感を抱いたようだ。

世間の反応を見ながらコンビでの復帰を模索する中、宮迫が単独で全てを決め、事後報告を繰り返すことに違和感を覚えていた。
引用:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/08/18/kiji/20210818s00041000184000c.html

蛍原徹さんがそう決めたなら仕方ないですが。

残念ですね。。。

蛍原徹(ホトちゃん)かわいそう…大丈夫!ひとりもでやっていける5つの理由!①・②

蛍原徹(ホトちゃん)の画像

解散して気になるのが蛍原徹(ホトちゃん)さん一人でやっていけるのか?というところですね。

まぁ、宮迫博之さんはYouTubeの活動でも年収が億を超えていたりするので心配はいらないと思います。

ですが、今まで宮迫博之さんに引っ張っていってもらっていた蛍原徹(ホトちゃん)さん。

そんな蛍原徹(ホトちゃん)さんがひとりで大丈夫か?というと、、、大丈夫だと思います。

その理由を解説していきたいと思います。

蛍原徹(ホトちゃん)がひとりでもやっていける5つの理由~その①~

事実として、アメトーーク!もぶっちゃけ蛍原徹(ホトちゃん)さん一人で回っていた!

これはデカいのではないでしょうか?

ひとりでやっていけないかも?と思われているなか、アメトーーク!を一人で回すことができたというのは事実としてあります。

また、宮迫博之さんがいなくなって

「若手芸人がのびのびトークするようになった」
「イジリが減ってテーマが深堀りされるようになった」

という声も聞こえてきます。

その事実があるからこそ蛍原徹(ホトちゃん)さんひとりでもやっていけると思われます。

蛍原徹(ホトちゃん)がひとりでもやっていける5つの理由~その②~

蛍原徹(ホトちゃん)さんの芸人としての才能も捨てたものじゃない。

蛍原徹(ホトちゃん)さんの芸人としての才能は素晴らしいものがあります。

今までは宮迫博之さんの後ろに隠れてきていましたが、蛍原徹(ホトちゃん)さんは

  • トーク回せる
  • 独特のセンスあるボケできる
  • 汚れ役できるから芸人

と、結構、芸人としての才能はあると思います。

そういった点で、蛍原徹(ホトちゃん)さんはひとりになっても大丈夫だと思われます。

蛍原徹(ホトちゃん)かわいそう…大丈夫!ひとりもでやっていける5つの理由!③・④・⑤

蛍原徹(ホトちゃん)の画像

蛍原徹(ホトちゃん)さんがひとりになってもやっていると思われる残り3つの理由も見ていきましょう!

蛍原徹(ホトちゃん)がひとりでもやっていける5つの理由~その③~

すこし上の②の理由と被りますが、蛍原徹(ホトちゃん)さんの芸風が時代にマッチした。というところだと思います。

最近は、女芸人の容姿を下げて笑いをとるのはいかがなものか?という風潮があります。

それもあって、蛍原徹(ホトちゃん)さんの”優しい笑い”が時代にあっているのではないでしょうか?

キンコン西野さん風に言わすと、

時計の針は11時台だけ重ならない。二つの針が再び重なるのは12時。

鐘が鳴る時です。

『鐘が鳴る前は報われない時間がありますよ』です。

という風なことじゃないでしょうか?

時代は蛍原徹(ホトちゃん)さんの笑いに追いついてきたんだと思います。

蛍原徹(ホトちゃん)がひとりでもやっていける5つの理由~その④~

蛍原徹(ホトちゃん)さんには助けてくれる人が沢山いる!という点も見落とせません。

蛍原徹(ホトちゃん)さんは「文句や悪口を言ったのを聞いたことがない」というで芸能界でも人柄の良さで有名です。

そういった人を見捨てる人は少ないのではないでしょうか。

蛍原徹(ホトちゃん)がひとりでもやっていける5つの理由~その⑤~

あと、もう一つは蛍原徹(ホトちゃん)さん自身というよりかは吉本興業的な話だと思います。

蛍原徹(ホトちゃん)さんがこれで売れなくなって、つぶれてしまって、クビにした宮迫博之さんが大成功したという図柄は吉本興業的にはあんまりおもしろくないですよね。

吉本興業が安泰のうちは、吉本興業に残ることを決めてくれた蛍原徹(ホトちゃん)さんのこと。

宮迫博之さんが大成功しているという風にみせず、吉本興業に残った蛍原徹(ホトちゃん)さんが成功しているという風な絵を描きたいと思います。

そういう思惑があるのかないのかは分かりませんが、あの吉本興業だったらやりかねないので。

その点を考えても蛍原徹(ホトちゃん)さんはひとりでやっていると思います。

スポンサーリンク

まとめ:蛍原徹(ホトちゃん)かわいそう…大丈夫!ひとりもでやっていける5つの理由!

今回は、雨上がり決死隊が解散したあと蛍原徹(ホトちゃん)さんがひとりでやっていけるかどうか考えてみました。

  1. アメトーーク!を一人で回せている事実
  2. 蛍原徹(ホトちゃん)さんの芸人としての才能
  3. 蛍原徹(ホトちゃん)さんの芸風への時代の追い風
  4. 蛍原徹(ホトちゃん)さんの人柄
  5. 吉本興業的なメンツ

といったところで蛍原徹(ホトちゃん)さんはひとりになってもやっていると思います。

あとは、解散を切り出したのが蛍原徹(ホトちゃん)さんやお互い同時的なことであってほしいですよね。。。

これが宮迫博之さんから解散を切り出したというのであれば、蛍原徹(ホトちゃん)さん本当にかわいそうです。。。

蛍原徹(ホトちゃん)さんは今後頑張ってほしいですね!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる