KAT-TUNが2021年紅白初出場なのはなぜ?今まで出なかった理由は嵐のせい!?

 
スポンサーリンク
 

2021年の紅白歌合戦に出場することが発表されたジャニーズグループのKAT-TUN(カトゥーン)。

以前から人気がありましたが、今まで出なかった理由が気になりますよね。

その理由は、嵐のせい⁉という噂がありますが本当なのでしょうか?

KAT-TUN (カトゥーン) が2021年紅白初出場の理由について調べてみました!

スポンサーリンク
目次

KAT-TUN (カトゥーン) が2021年紅白初出場!

KAT-TUNの画像
引用元:https://www.johnnys-net.jp/page?id=artistTop&artist=14

2021年11月19日、NHKで大晦日に放送される「第72回紅白歌合戦」の出場者が発表されました。

白組の出演者として名前があがっていたのは、KAT-TUN (カトゥーン) 。

KAT-TUN (カトゥーン) は、デビュー15周年にして紅白初出場を叶えたのです!

VTRでメンバーそれぞれがコメントをしていました。

亀梨和也:15周年の集大成、紅白のステージで僕たちの思い、そして皆さまへの感謝の思いを精いっぱい届けたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

上田竜也:今年は結成15周年の全国ツアーをさせていただき、あらためて音楽の楽しさと届ける喜びを感じられた1年でした。

中丸雄一:充電期間の後、それでも求めてもらっているんだなというのを実感して、より感謝しました。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/7db1815a2e939ae571763574f761c4e10c238dfa

以前からファンが多く、ヒット曲もありましたが、初出場ということで驚きの声もあがっています。

KAT-TUN (カトゥーン) は2006年3月に『Real Face』でCDデビュー

結成当初は、グループ名の由来にもなっている

  • K→亀梨和也
  • A→赤西仁
  • T→田中聖
  • T→田口淳之介
  • U→上田竜也
  • N→中丸雄一

6人で活動していました。

デビュー作は75.4万枚という、歴代ジャニーズのデビュー曲売り上げ1位

発売9週目で100万枚を突破する大ヒット作となりました。

しかし、勢いは長くは続かず

  • 2010年→赤西仁
  • 2013年→田中聖
  • 2016年→田口淳之介

が次々と脱退

残りの3人も2016年5月から充電期間に入り、1年8ヵ月間グループとしての活動は休止していました。

そんな紆余曲折してきたKAT-TUN (カトゥーン) ですが、現在は亀梨、上田、中丸の3人体制で活動を再開し、新曲のリリースやライブなどに力を入れています。

メンバー個々での活動も行い、勢いを取り戻しつつありました。

そして2021年3月発売の『Roar』は、初日に20万枚を売り上げる快挙。

シングルの初週売り上げで20万枚を超えたのは、2010年11月に発売された『CHANGE UR WORLD』以来、10年4ヵ月ぶりだったそう。

デビュー15周年で快進撃を見せ、紅白初出場を叶えたKAT-TUN。

しかし、ジャニーズファンの間では

  • 紅白になんでKAT-TUN?
  • 15周年だから?
  • 10周年のSexy ZoneやKis-My-Ft2は?
  • ジャニーズWESTやなにわ男子を期待していた

などが率直な意見だったよう。

再活躍を見せているとはいえ、デビュー当時の勢いと比べると失速した印象は否めないですよね。

ジャニーズファンですら「なぜ?」という疑問を抱かずにはいられなかった様子。

では、なぜKAT-TUN (カトゥーン) は紅白初出場なのでしょうか?

その疑問について次項で詳しく見ていきましょう!

KAT-TUN (カトゥーン) が2021年紅白初出場なのはなぜ?今まで出なかった理由は嵐のせい⁉

KAT-TUNの画像
引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/FujitvView_3655141e_2c35_4599_a34c_7cf423b0cbd8/

2006年にデビューし、メンバーの脱退など大きな壁にぶつかりながらも再始動を果たしたKAT-TUN (カトゥーン) 。

2021年紅白初出場なのはなぜなのでしょうか?

また、今まで出なかった理由は嵐のせい⁉という話についても詳しく調べてみました。

ジャニーズ枠が限られている

KAT-TUNがデビューした2006年前後は、紅白に出場できるジャニーズ枠は2組だけでした。

限られたその枠には、先輩で人気のあったSMAP、TOKIOで数年埋まっていたのです。

2010年からは嵐や関ジャニ∞が加わり4組に、2014年からは5組まで枠が増え、デビューして間もない新人グループも出演のチャンスを掴みました。

しかし、その頃のKAT-TUN (カトゥーン) はメンバーの相次ぐ脱退や活動休止の真っただ中

紅白出場するのは物理的に難しかったのですね。

レコード会社の違い

紅白に出場できるかどうかは、レコード会社の存在が大きいです。

同じジャニーズ事務所でも、グループごとに所属するレコード会社は違います。

KAT-TUN (カトゥーン) が所属する『J storm』には、がいました

嵐の人気は絶大で、2010年~解散に至る2020年までの10年間連続で紅白に出場していたのです。

メンバーの櫻井翔さんや相葉雅紀さんが司会を務めるほど、NHKお墨付きでしたよね。

そんな嵐にレコード会社の枠を埋められていたことで、KAT-TUN (カトゥーン) は出られなかったのでは?と考えられます。

グループの不安定さ

2010年から相次いで、メンバー3人の脱退や不祥事が報じられてきました。

さらに残された3人も活動休止を余儀なくされます。

脱退メンバーの素行は、NHKからは良い印象を持たれないでしょうね。

そんなグループとしての不安定さによって、紅白に出場することが難しかったのも原因の一つではないでしょうか。

ジャニコンに力を入れている

ジャニーズグループによって毎年開催されているジャニーズカウントダウンコンサート(ジャニコン)

大晦日から元旦にかけて行う年越しライブであり、紅白歌合戦の時間帯と重なっています

このコンサートには、KAT-TUN (カトゥーン) もデビュー当時から参加していました。

活動休止を経て、2017年のジャニコンにてKAT-TUN (カトゥーン) は活動を再開したのです。

再スタートをきったKAT-TUN (カトゥーン) にとってジャニコンは大切な場所であり、ファンと共に初心を思い出す欠かせないもの。

そんなジャニコンを優先するために、紅白に出場しなかったのではないかとも考えられます。

以上がKAT-TUN (カトゥーン) が2021年紅白初出場の理由だと考えられます。

枠が限られているレコード会社が嵐と同じなので、KAT-TUN (カトゥーン) が紅白に出られなかったのは嵐のせい⁉と言われる原因になったようでした。

では、なぜ2021年の紅白歌合戦に出場できるのか?という理由について次項で見ていきましょう!

KAT-TUN (カトゥーン) が2021年紅白初出場なのはなぜ?亀梨のおかげ?

KAT-TUNの画像
引用元:https://www.youtube.com/watch?v=JugbEAj61ms

KAT-TUN (カトゥーン) が2021年の紅白に初出場できた理由が気になりますよね。

なぜこのタイミングで?亀梨のおかげ?という声もありますが、詳しく調べてみました!

亀梨がNHKドラマの主演

KAT-TUNのメンバー亀梨和也さんが、2021年9月から放送されていたNHKのドラマ『正義の天秤』の主演を務めました。

元外科医の天才弁護士という難しい役柄ながらも見事に演じきり、俳優としての評価がアップした亀梨和也さん。

全5話という短さに「もったいない」「もっと観たい」という声が多く、続編やDVD化を求める声まであがるほど好評だったようです。

そんな亀梨和也さんの貢献ぶりを、NHKが評価しての出演なのではないかと言われています。

亀梨の売り出しに力を入れている

ジャニーズ事務所はジェリー社長の指示のもと、亀梨和也さんの売り出しに力を入れているそう。

俳優だけでなく、司会業やスポーツ関連の解説業なども増やしていく見通しなのです。

現在も『Going!Sports&News』の野球コーナーを担当している亀梨和也さん。

同じ日テレで新たにスポーツ番組を立ち上げる計画があり、司会役に亀梨和也さんを起用するという話が進められているようです。

ジャニーズ事務所は、好感度が高く多才な亀梨和也さんを売り出していきたい考えなのでしょうね。

デビュー15周年

今年でデビュー15周年を迎えたKAT-TUN (カトゥーン) 。

次々に新人がデビューしていくジャニーズですが、SMAPやTOKIO、嵐、V6といった長期に渡ってジャニーズの道を切り開いてきたグループが解散しています。

そんな中、紆余曲折ありながらも再復活したKAT-TUN (カトゥーン) に、15周年という節目で大きなチャンスを与えられたとも言えるのではないでしょうか。

嵐のバーター

人気を誇ってきた嵐が解散し、2020年の紅白が最後の出場となりました。

しかし紅白の東京五輪コーナーに、嵐の櫻井翔さんと相葉雅紀さんを生出演させたいというNHKの意向があるよう。

そのために、亀梨和也さんのいるKAT-TUN (カトゥーン) を売り出したいジャニーズ事務所の要望を叶えたのではないかと考えられます。

嵐の解散と共に変化したことで、「嵐のバーター」と言われているようです。

以上が、KAT-TUN (カトゥーン) が2021年紅白初出場の理由と考えられます。

亀梨和也さんのNHKドラマ主演や、事務所の意向などが重なったことで出場が決まったようです。

どちらにせよ、亀梨和也さんの存在は大きかったのですね。

スポンサーリンク

まとめ:KAT-TUN (カトゥーン) が2021年紅白初出場なのはなぜ?今まで出なかった理由は嵐のせい⁉

KAT-TUN (カトゥーン) が2021年紅白初出場なのはなぜなのかについてお伝えしました。

今まで出なかった理由は嵐のせい⁉と言われる原因は、同じレコード会社だったので枠がなかったことでした。

その他にも、ジャニーズ枠が限られていたことや、脱退メンバーの不祥事なども原因として考えられます。

しかし、デビュー15周年のタイミングで初出場となった背景には、亀梨和也さんの存在が大きい様子。

NHKドラマ主演や事務所の売り出しなど、亀梨和也さんのおかげとも言える紅白初出場なのですね。

このチャンスを活かして、今後もさらなる活躍を見せてほしいです!

2021年紅白辞退歌手のCMの曲話題のAやヒット曲のBは誰?拒否したアーティストの名前は? (mirumiru-honpo.com)

ヒゲダンが2021年紅白を辞退した理由はなに?ツアー日程的には大丈夫なはず! (mirumiru-honpo.com)

まふまふが顔を隠す理由は?ストーカーや怖い目にあったためなど原因を調査! (mirumiru-honpo.com)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる