岸田トークンはどこで手に入れることができるの?受け取り方は?

 
スポンサーリンク
 

2022年5月29日自民党学生部の研修会で、出席者にトークン技術を活用したデジタル記念バッジが初配布されました。

その中でも、都道府県対抗政策コンテストで安全保障戦略について提言して優勝したチームには岸田総理トークンが授与されたそうです。

今回は岸田トークンの受け取り方と、どこで手に入れることができるのか調べていきたいと思います。

スポンサーリンク
目次

岸田トークンを発行!

岸田トークン画像
https://ameblo.jp/hiroiumi2004/entry-12745300031.html

自民党青年部局が世界初となる政府機関による岸田総理のNFTトークン発行を発表しました。

岸田トークンとは?

表彰状や記念バッジを、自民党の政治家の顔写真付きバッジとしてNFT化したものです。

政治家が政治活動に出席した証明や、受賞した賞やイベントに参加した記録などを証明するものになるようです。

塩崎彰久青年局次長は、「NFTを使って今後会議の出席や意思決定、投票の場にも活用できるかもしれない。

まずはNFTに慣れてもらうことで、エンゲージメント(愛着心)の仕方を模索していきたい」と強調した。

https://news.goo.ne.jp/article/fnn/nation/fnn-366381.html

岸田トークンと言っていますが、自民党青年部局が発行するトークンは岸田トークン以外にも存在します。

小泉進次郎トークンや野田聖子トークンなど、大臣の名前が付いたトークンがあるとのこと。

岸田トークン画像
https://manabufan.com/2022/05/29/kishida-token/

トークンを発行した目的

NFTは替えが効かないことがポイントです。

お金や市販品は「替えが効きます」が、漫画の原画などは「替えが効かない」ので価値が高い。

そのため、日本のオタク文化と呼ばれるアニメ・漫画・音楽・写真・観光などのコンテンツと相性がいいとされています。

この技術をうまく活用することができれば、日本経済を成長させるための起爆剤になり得ると考えたようです。

オタク文化画像
https://www.gettyimages.co.jp

日本政府はNFT分野で厳しい規制を敷いているため、優秀な人材が日本から海外へ出て行ってしまっている現実があります。

優秀な人材が日本国内でプロジェクトを立ち上げることができるように、それを阻んでいる高齢政治家への圧力をかける意味合いもあると言います。

つまり、NFTに馴染みのない投票者にも関心を持ってもらいたいという考えもあり、今回のトークン発行に至ったようです。

ただし、政治家が実際の技術を知らないのでは国民に薦めることはできませんよね。

そこでまずは自分たちで体験してみようということになったようです。

小倉青年局長は「青年局は社内ベンチャー。新たなことにチャレンジするのが我々の使命だ」とコメントしています。

https://news.goo.ne.jp/article/tbs/politics/tbs-6020594.html

世界初となる政府機関によるNFTトークン=岸田トークンですが、受け取り方はどのようにするのでしょうか。

次に、岸田トークンはどこで手に入れることができるのか見ていきましょう。

岸田トークンの受け取り方は?どこで手に入れることができるの?

自民党画像
https://digitalassets-online.jp/news/20220530b/

自民党青年部局が発行する岸田トークンですが、基本的には政治家専用のため手に入れることはできないようです。

岸田トークン(それ以外の自民党青年部局が発行する各大臣のトークンも含める)は、政治活動における参加賞や受賞記念で配られます。

そのため、他人への譲渡や転売もできない設定になっているとのこと。

このことで、SNSに不満の声が溢れているのは事実です。

自民党の学生部局員(自民党に入党する意思のある18歳以上の学生で構成される)や、学生部局会の勉強会やイベントなどで配られることはあるということ。

しかし、自民党の学生部局員になるというのもハードルが高いため、やはり一般の方では手に入れることは難しいと言えるでしょう。

岸田トークンを一般の方が手に入れることは困難だということが分かりました。

ただ、今後もしも一般の方でも岸田トークンを手に入れることができるようになった場合は、どのように受け取ればいいのでしょうか?

最後に岸田トークンが今後受け取れるようになった場合の受け取り方を見ていきましょう。

岸田トークンの受け取り方は?

NFT画像
https://www.value-domain.com/media/nft/

現行、岸田トークンを一般人が手に入れることはできません。

ただし、今後の展開で岸田トークンが市場に出ることがあるのなら、通常のNFTを受け取るのと同じ方法になると思われますので、ご紹介したいと思います。

NFTを受け取るのに必要なのは、メタマスクの自身のアドレスです。

簡潔に流れをかいていますので詳しく知りたい方はご自身でお調べください。

①メタマスクのウォレットを作成

『メタマスク』は、パソコンのGoogle Chrome拡張機能として導入する方法と、スマホアプリ版を導入する方法の2つの方法があります。

いずれも、メールアドレスなどの基本情報を入力するだけですぐに開設できます。

『メタマスク』Google Chrome拡張機

メタマスク画像
https://naritai-hojosen.com/nft-airdrop/1345/

『メタマスク』スマホアプリ版

メタマスク画像
https://naritai-hojosen.com/nft-airdrop/1345/

パソコンのGoogle Chrome拡張機能として導入する場合も、スマホアプリ版として入れる際にも、上記の画像のようにアカウント名のすぐ下に表示されている文字列が『メタマスクの自身のアドレス』になります。

アドレスは長いので途中が省略されていますが、アドレス部分にカーソルを合わせれば簡単にコピーできるので安心してください。

②OpenSeaのアカウントを作成

『OpenSea』を導入する方法も、パソコン版とアプリ版の2つの方法があります。

いずれも、ウォレットで『メタマスク』を選択すると、アイコンの下に自身のアドレスの文字列が表示されます。

『メタマスクの自身のアドレス』と同じ文字列ということが確認できると思います。

PC版のOpen Seaホーム画面

オープンシ―画像
https://naritai-hojosen.com/nft-airdrop/1345/

アプリ版のOpen Seaホーム画面

オープンシ―画像
https://naritai-hojosen.com/nft-airdrop/1345/

③Twitterなどで、NFT配布を募集するツイートを見つけて応募する

ツイートによって応募条件は異なりますが、一般的にはRT(引用含む)と「いいね」とリプにアドレス(メタマスクの自身のアドレス)を貼るという3条件が設定されることが多いと思います。

④OpenSeaのマイページにNFTが届く

スポンサーリンク

まとめ:岸田トークンはどこで手に入れることができるの?受け取り方は?

自民党青年部局が発行する岸田トークンについて、受け取り方とどこで手に入れることができるのかを見てきました。

現行、岸田トークンは政治家専用のため、一般人が手に入れることはできないということでしたね。

他人への譲渡や転売もできない設定になっているとのこと。

ただ、今後の展開で岸田トークンを受け取れるようになった場合は、通常のNFT取得時の方法と同じものになると考えます。

岸田トークンの発行=日本政府によるNFTトークンの発行という第一歩を踏み出しましたが、日本経済成長への起爆剤へと発展していくことができるのでしょうか?

今後の展開にも注目していきたいと思います。

あわせて読みたい
岸田文雄は金融所得(株式)資産がないから増税できる?議員で一番持っているのは誰? 岸田文雄首相ですが、給付金を配るというのを隠れ蓑に、住宅ローン減税の縮小や金融所得課税の強化など、増税に乗り出しています。 で、ふと思ったんですが、岸田文雄首...

顔画像|岸田文雄の妻・裕子夫人の学歴・大学は?出身高校はどこ? (mirumiru-honpo.com)

岸田文雄の妻・裕子夫人の実家は超お金持ち!広島でも有名な会社経営! (mirumiru-honpo.com)

顔画像|岸田文雄の子供・息子の名前は?学歴もすごい!長男は秘書! (mirumiru-honpo.com)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる