小林陵侑の父親・宏典が教師をしている中学校はどこ?元クロスカントリーの選手!

 
スポンサーリンク
 

2022年北京オリンピックスキージャンプ代表として出場が決定し、金メダルが大きく期待されている注目選手小林陵侑さん。

そんな小林陵侑さんを育てた父親の小林宏典さんは教師をしており元クロスカントリーの選手です!

今回は小林陵侑さん父親の小林宏典さんが教師をしている中学校や小林陵侑の家族構成について調査していきます。

スポンサーリンク
目次

小林陵侑の家族構成は父親・母親・兄弟4人の6人家族! 

小林陵侑さんの家族構成は、父親・母親と兄弟4人の6人家族です。

兄弟構成は長男・長女・次男(本人)・三男で兄弟4人全員がスキージャンプ選手です。

  • 長男:小林潤志郎
  • 長女:小林諭果
  • 次男:小林陵侑
  • 三男:小林龍尚

小林陵侑さんは3番目のお子さんで、5歳の頃からスキージャンプをしています。

そんな小さな頃からスキージャンプをするきっかけになったのは、長男・長女への憧れがあったに違いありませんね♪

長男の小林潤志郎さん

長男の小林潤志郎さんは1991年6月11日生まれの30歳です。(2022年1月現在)

出身高校は盛岡中央高校、出身大学は東海大学国際文化学部です。

雪印メグミルクのスキー部に所属している現役のスキージャンプ選手で、北京オリンピックも日本代表に内定が決定しています!

主な戦歴は以下の通りです。

  • スキージャンプ全国高等学校スキー大会(インターハイ)優勝(2008年)
  • ノルディックスキージュニア世界選手権優勝(2010年)
  • 伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会優勝(2010年)
  • 全日本スキー選手権大会ノーマルヒル優勝(2017年)
  • ワールドカップポーランド大会優勝(2017年)

小林陵侑さんにも負けないほどの素晴らしい成績を残しており、2018年には兄弟揃って平昌オリンピックに出場しています。

高校時代はノルディック複合とスキージャンプの2つの種目で選手として活躍していましたが、もともとジャンプが得意で好成績を残していたこともあり、大学2年生時の2011年〜2012年のシーズンからは本格的にスペシャルジャンプへ転向しています。

その後ジャンプへ転向1年目で、すぐスキージャンプワールドカップ日本代表入りするなど才能に花を咲かせました!

2018年5月には一般女性と結婚を発表、2020年2月26日には第一子となる男の子が誕生しています。

お相手は元栄養士さんということで、食事の面でもサポートバッチリです

潤志郎選手はどんな存在でしょうか?

小林: お兄ちゃんは背中で見せるというか、私も小さい頃はよく真似をしていました。お兄ちゃんが始めなかったら、私も弟たちもジャンプをしていなかったと思います。

引用元:https://www.ninomiyasports.com/archives/89786

↑妹の小林諭果さんのインタビューでは長男である小林潤志郎さんの姿が、4人兄弟のスキーを始めるきっかけや憧れになっていたことが伝わってきますね♪

長女の小林諭果さん

長女の小林諭果さんは1994年5月16日生まれの27歳です。(2022年1月現在)

出身高校は盛岡中央高校、出身大学は早稲田大学です。

現在は、賃貸物件検索サイト「CHINTAI」を運営する株式会社CHINTAI東京本社に勤務しながら、スキー部に所属しています。

とても美人さんで、すごくかわいいですよね♪

主な戦歴は以下の通りです。

  • 第92回全日本スキー選手権大会女子組優勝
  • 第20回札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会女子組優勝
  • ユニバーシアード個人ノーマルヒル2位女子団体2位、混合団体1位
  • 大倉山チャレンジカップ2017サマージャンプ大会女子組優勝
  • ノルディックスキー・ジャンプHBC杯 優勝(2022年)

国内大会では数え切れないくらいの優勝を経験しており、世界大会であるユニバーシアードでも銀メダルを獲得している実力者です!

2015年の混合団体では長男の小林潤志郎さんと一緒に出場し優勝しています。

――スキーのジャンプを始めたきっかけは?

小林: 競技はお兄ちゃんと陵侑が先に始めていました。私は2人のトレーニングに家族と一緒に付いていったけど、正直、“絶対やりたくない”と思っていた。高い所が苦手でしたから。

でも周りからの「女子は人数が少ないから、すぐに表彰台だぞ」という甘い言葉に誘われました。特に父が熱心に勧めてきて、小学4年生から始めたんです。

引用元:https://www.ninomiyasports.com/archives/89786

小林諭果さんはジャンプを始めたのは小学四年生で、弟の小林陵侑さんよりも遅かったと話しています。

最初は怖くてスタート台から飛び出すこともできなかったそうですが、大会で表彰台に上がることができる嬉しさで今まで続けてきているそうです。

高いところが苦手なのに克服して、現在も続けている継続力が素敵ですし、大きくスキージャンプに魅力があることがわかりますね♪

大学時代にはトリノ五輪代表の一戸剛さんから指導を受ける機会があり、2015年のユニバーシアードもコーチとして帯同、社会人になった現在もコーチとして一戸剛さんから指導を受けています。

――長野、札幌を拠点にする選手も多い中、なぜ関東で?

小林: 東京での勤務を決めたのも、「身近に選手がいると応援し甲斐があるよね」という話を聞いたのが理由のひとつです。私は大学も関東だったので、“関東でもできる”ことを証明したいと思っています。

引用元:https://www.ninomiyasports.com/archives/89786

スキー選手はスキー場のある長野などの地域を拠点することが多い中で、「関東でもできる!」と強気な気持ちで挑む小林諭果さんはかっこいいと思いました・・・!

三男の小林龍尚さん

三男の小林龍尚さんは2001年8月10日生まれの20歳です。(2022年1月現在)

出身高校は盛岡中央高等学校で大学には進学していません。

現在は兄小林陵侑さんと同じ、土屋ホームスキー部に所属しています。

主な戦歴は以下の通りです。

  • 第68回全国高等学校スキー大会スペシャルジャンプ準優勝
  • 第74回国民体育大会冬季大会スキー競技スペシャルジャンプ準優勝
  • 第90回宮様国際スキー大会スペシャルジャンプノーマルヒル少年優勝
  • 2019年ジュニアオリンピックカップスペシャルジャンプ優勝

まだ20歳と若くこれからの活躍を大きく期待される小林龍尚さんは、2018年の平昌オリンピックでテストジャンパーを務めています。

4人兄弟の末っ子に生まれた小林龍尚さんは兄姉のスキージャンプをする姿を見て自然とジャンプを始めていたそうですが、4人兄弟全員が現在も選手として励んでいるのは、父親・母親のサポートが大きかったのではないでしょうか。

兄弟全員本当にそっくりで、インスタグラムでは度々兄弟全員で集合し食事会などをしている投稿があり、仲がとても良さそうでほっこりします♪

小林陵侑の父親・宏典が教師をしている中学校はどこ?

小林陵侑の父親の画像
引用:https://www.nikkansports.com/olympic/pyeongchang2018/skijump/photonews/photonews_nsInc_201802100000312-1.html

小林陵侑さんの父親、小林宏典さんは岩手県八幡平市内の中学校で教師をしています。

田山中時代の担任(現松尾中 教諭)
小林 宏典さん
努力する姿に、周りが自然と協力する雰囲気がありました。いい仲間たちと迎える大会、力を出 し切り頑張ってください。

引用元:https://www.city.hachimantai.lg.jp/uploaded/attachment/2497.pdf

地元の広報の情報で、2014年までは松尾中学校で教員をされていたことがわかっています。

なんとソチオリンピックに出場した永井秀昭選手の中学校時代の担任だったそうです!

2014年以降はどの中学校で教員をされているかは不明ですが2018年のインタビュー時には教員を続けていた為、現在も教員である可能性は高いですね。

2018年時には岩手県中学体育連盟の専門委員長、県連盟の強化委員、県中学校体育連盟の専門部員を務めていたことがわかっています。

2022年現在、安代中学校スキースポーツ少年団の代表者が小林宏典さんになっている為、安代中学校に勤務されているのかもしれません。

小林陵侑の父親・宏典も元クロスカントリーの選手!

小林陵侑の父親の画像
引用:https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180219004141.html

小林宏典さん自身がクロスカントリーをしていたことから子供達には小さな頃からクロスカントリーに触れさせていたようです。

“一緒にやりたかった”と正直に話す小林宏典さんがなんだか可愛く感じました。

しかし、4兄弟は現在全員スキージャンプ選手になっています。

故郷の北海道で除雪によって積まれた雪で自作滑り台を作っていたそうで、冬の遊びとして子供達とジャンプをやっていたそうです。

しかし、長男の小林潤志郎さんが小学4年生の頃滑走路を滑らせてみたところ、恐れずに滑る姿を見て、「ジャンプに向いているかも知れない」と思いジャンプ用の板を用意したと言います。

  • 週末は家族全員で秋田・花輪スキー場へ向かう
  • 自費で北海道や長野で開かれる大会に遠征
  • 開催地のクラブの練習に参加

など、子供達にスキージャンプができる環境を作ってあげていました。

ジャンプをやりたいと口にする長男の小林潤志郎さんの言葉を聞かないふりをするくらい、本当はクロスカントリーの道に進んで欲しかった小林宏典さん。

いざ子供たちがジャンプの道に進むと決まると全力で応援サポートする姿が本当にかっこいいですね。

また、4人兄弟が小学校3年生になるまではクモと獲物に別れる本気の鬼ごっこをやっていたそうでうす。

親子の可愛いあそびかと思いきや、体幹や三半規管を鍛えるための遊びだったそうです(笑)

蜘蛛に捕まってしまったら、プロレス技をかけられるそうですよ・・・恐ろしい。

赤ちゃんをあやす際の高い高いも回転させて鍛えさせていたそうです。

想像したらなんだか笑ってしまいました(笑)

スポンサーリンク

まとめ:小林陵侑の父親・宏典が教師をしている中学校はどこ?元クロスカントリーの選手!

今回は小林陵侑さんの家族構成や、父親の小林宏典さんが教師をしている中学校はどこかについて、元クロスカントリーの選手だったことについて調べてみました。

小林陵侑さんは兄弟が4 人もいて、全員がスキージャンプの道に進んでいることがわかりました。

父親の小林宏典さんは教師をしていることもあり熱心に子供達へ教育する内容がなんだか凄すぎて逆にほっこりしました。

小林陵侑さん含む4兄弟のこれからの活躍を応援しています。

あわせて読みたい
小林陵侑の母親・智子の顔画像は?笑顔が他の兄弟よりも陵侑に似ている!職業は何? スキージャンプで活躍している小林陵侑さん。 北京オリンピックでもメダルが期待されています。 そんな小林陵侑さんですが、母親・智子さんに笑顔が似ていると話題にな...

小林陵侑の出身高校は盛岡中央で成績がヤバかった!大学や中学校はどこ? (mirumiru-honpo.com)

戸塚優斗の兄弟は亡くなっていたのはデマ?柳原真央というのは誰か調査! (mirumiru-honpo.com)

戸塚優斗の母親は2人いる?その理由は?名前や顔画像を調査! (mirumiru-honpo.com)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる