国枝慎吾の出身地はどこ?高校や大学は?年収はグランドスラム達成で億超えか?

 
スポンサーリンク
 

車いすテニス界において世界最強と言われている国枝慎吾さん。

東京パラリンピックでもシングルとダブルスの日本代表として出場されます。

そんなものすごい強さを持つ選手の生い立ちが気になりますよね!

今回は、国枝慎吾さんの出身地や、出身高校・大学を調べてみました。

また、年収はグランドスラム達成で億超えか?という噂がありますが、実際はどうなのでしょうか?

さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク
目次

国枝慎吾の出身地はどこ?

国枝慎吾の画像

国枝慎吾さんの出身地は、東京都です。

早い時期に千葉県に移り住み、現在も千葉県柏市に在住しています。

1984年2月21に東京都に生まれた国枝慎吾さん。

小学校ではバスケットや野球を楽しむスポーツ選手だったようですよ。

そんな国枝さんが最初に腰に違和感を感じたのは9歳の頃。

徐々に痛みが増し、足にまで違和感を感じるようになりました。

精密検査を受けたところ、脊髄に腫瘍が見つかり手術を受けることに…

その時点で足はほとんど動かず下半身まひの状態、手術後には車いす生活となったそうです。

11歳の頃、母のすすめで近くにあった吉田記念テニス研修センターでテニスを始めた国枝さん。

元々スポーツ少年で運動のセンスが良く、車いすの操作も上手だったことでどんどん上達したとのことです。

初めて目にした車いすテニスの激しさに大きな衝撃を受け、そこから夢中に!

先輩たちがテニスだけでなく、身の回りのことを全て自分で行っているのを見て、私も自立した生活が送れるはずだと希望を持ちました。

引用:https://www.reitaku-u.ac.jp/journal/437/

小学6年生で、輝かしい車いすテニス人生のスタートをきっていたのですね!

その年齢で将来の自立に希望を持てるなんて、すごいことです。

国枝慎吾の出身高校や大学は?

国枝慎吾の画像

国枝慎吾さんは千葉県の麗澤高校に進学しています。

偏差値64~68とかなりハイレベルで、学力の高さがわかりますね!

高校受験ではバリアフリーの施設が整っていて、テニスに最適な環境を整えることを優先して、麗澤高校に入学しました。

中学時代は友人の力を借りて階段を上り下りしていましたが、車いす用のエレベーターが用意された麗澤高校は、人の手を借りることなく自立した生活を送ることができたので、それが私にとって大きな自信となりました。

引用:https://www.reitaku-u.ac.jp/journal/437/

●麗澤高校

〒277-0065 千葉県柏市光ケ丘2丁目1−1

この学校は中高一貫校のため、国枝慎吾さんの出身中学校は麗澤中学校になると思われます。

国枝さんにとっては「自立」という部分が大きなキーワードとなっていたのですね。

人の手を借りることなく自立したいという思いが伝わってきます。

テニスやゴルフが強い学校でもあるとのことで、文武両道な環境にいた国枝さん。

高校1年生で初めての海外遠征を経験したそうです。

そして17歳から現在のコーチである丸山弘道さんの指導のもと、本格的に競技に取り組みます。

国枝慎吾の出身大学はどこ?

国枝慎吾さんの出身大学は麗澤大学に進学し、国際経済学部を卒業しています。

麗澤高校と同様に、バリアフリー環境と学生一人一人の自立を尊重する学風に惚れ込んだ国枝さん。

麗澤大学入学後は海外への大会にも挑戦し始め、遠征を繰り返す忙しい日々を送っていて、年に5カ月間ほどは海外に…。

超多忙な生活ではありましたが、折角自ら望んで入った大学でしたから、キャンパスライフもしっかりと楽しみました。

サークル活動はテニスサークルに入っていて、周囲の友達と精一杯楽しみましたし、大学祭ではスイーツのお店を出して盛り上がりましたね。

引用:https://www.reitaku-u.ac.jp/journal/437/

テニスで忙しい日々ながらも、キャンパスライフを楽しむことも忘れていなかったようです。

また、麗澤大学はグローバルで活躍する人材を育てることがモットー。

英語をしっかり学ぶことができ、留学生との交流で日常的に英語を話す機会も多かったそうです。

車いすテニスのプロ選手として海外で活躍する中、この大学で学んだ英語力が活かされているのではないでしょうか。

そして在学中の2003年、ワールドカップに出場し、日本チームの大会初優勝に大きく貢献しました。

さらにアテネパラリンピックでは金メダルを獲得!

しかしその背景には、海外遠征費が年間300~400万円もかかってしまうという問題が…

そのことから卒業後は引退を考えていたのだそうです。

そんな時麗澤大学から、職員として働きながらテニスを続けないかという提案が。

夢を諦めず、選手として活躍することを精一杯、麗澤大学が応援してくれているんだ、と感じた瞬間でした。

引用:https://www.reitaku-u.ac.jp/journal/437/

生徒のために様々な方向でサポートしてくれる姿勢が素晴らしい大学ですね!

そこから大学職員とテニスプレーヤーの2つの顔を持つ生活が始まりました。

その後はどんどんテニスの成績が上がり、最終的にはプロのテニスプレーヤーとして生きていく道を選んだのでした。

あの時大学のサポートがなく、引退の道を選んでいたら、今の国枝さんはなかったのですね。

まさに運命を左右する出来事でした!

国枝慎吾の年収はグランドスラム達成で億超えか?

国枝慎吾の画像

国枝さんは数々の成績を残し、グランドスラム達成も果たしたため、年収は億超えか!?という噂があります。

実際はどうなのか…調べてみました!

なんと国枝さんの年収は、約4,000~5,000万円だと予想されます。

え?こんなに優勝してるのに?と驚きますよね。

車いすテニスのグランドスラム全豪オープンの賞金総額は約600万円。

健常者のプロテニスでは約3億円、準優勝でさえ約1憶5,000万円だそう。

年収で比較してみると、車いすテニスは全て優勝してようやく約3,000万円。

スポンサー料を含めても4,000~5,000万円程度と推定されます。

対して健常者のプロテニスは約30憶。

比べ物にならないほどの格差ですよね…

国枝さんには10社のスポンサーがついていますが、それでもこの差が出てしまいます。

同じテニスという競技でありながら、プロテニスプレーヤーと比べて車いすテニスプレーヤーの年収は厳しいという現実なのです。

その中から遠征費、生活費、練習費、車いすの修繕・維持費などをやりくりすることに。

賞金で生活するには、すべての大会で優勝しないと厳しいという状況だそうです。

グランドスラム達成の輝かしい活躍の背景には、そんなプレッシャーまで抱えていたのですね。

そんな状況の中でも、テニスに真摯に向き合い、結果を出している国枝さん。

プロの車いすテニスプレーヤーを続けるにあたってどんな思いがあるのでしょうか。

「車いすテニスプレイヤーとして活躍することが、同じような境遇の子どもたちへの希望になりたい」と思ったから。

プロのスポーツ選手として厳しい世界で活躍している姿を見せること、そして、常にナンバーワンとして存在し続けることが、”次世代を担う後輩への熱きメッセージ”になればと考えましたね。

引用:https://www.reitaku-u.ac.jp/journal/437/

以前は車いすテニスに対する社会の関心は低かったですが、国枝さんがパラリンピックや世界大会で活躍している姿には多くの人が注目しました。

障害のある選手が世界で活躍している姿は、国枝さんにとって大きな励みになっているそう。

同じように、国枝さんの姿に勇気づけられている人はきっとたくさんいるでしょうね。

車いすテニスの発展に繋がることを期待しています!

スポンサーリンク

まとめ:国枝慎吾の出身地はどこ?高校や大学は?年収はグランドスラム達成で億超えか?

国枝慎吾さんの出身は東京都、出身高校や大学は麗澤高校、麗澤大学であることがわかりました。

出身地を遡ることで、その強さの原点が見えてきましたね。

年収は、グランドスラム達成でも億超えには及ばないという厳しい現実も知りました

世界で活躍するためには、日本的な価値観に縛られず、様々な人種や文化に触れることが大切だと話す国枝さん。

これからも世界を相手に奮闘し、車いすテニス界を引っ張っていくレジェンドであり続けてほしいですね!

国枝慎吾選手の活躍をますます応援していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる