前澤友作がマリアナ海溝を潜る潜水艇はLimiting Factorか?深さはいくらまで潜れるか調査!

 
スポンサーリンク
 

2021年12月にISS(国際宇宙ステーション)に滞在された前澤友作さん。

その前澤友作さんが今度はマリアナ海溝を潜る予定があるとおっしゃっていました。

おそらく前澤友作さんがマリアナ海溝を潜る際に使う潜水艇は「Limiting Factor」というものになります。

また、マリアナ海溝の深さはどれぐらいあるのでしょうか?

スポンサーリンク
目次

前澤友作は宇宙の次はマリアナ海溝にもぐることを発表!

前澤友作さんですが2021年12月にISS(国際宇宙ステーション)に約12日間滞在されていました。

前澤友作さんがこの宇宙旅行に支払った金額は約100億円ということです。
※1人50億円

前澤友作さんの今度の夢は、次は地球上で一番深い場所。

マリアナ海溝にもぐることをされたいようです。

現在、2023年に月の周回旅行を計画しているが、“その次”は「マリアナ海溝を潜ってみたいなと検討しています」と構想を明かした。

「実はどういう潜水艦に乗って、どう時間をかけていくかほぼ決まってます。改めて発表しますが。(あるところから話があり)『行きます!』と申し込んだ」と告白した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/95c0cf4946828aff8e2a3687a82ed41211dd2ff2

ということで、2023年に月旅行を計画しているのも驚きですが、次はマリアナ海溝にもぐることを計画しているようです。

やっぱりお金持ちって結局、だれも体験したことがないことにお金をかけるんですね。

米マイクロソフト社の共同設立者で億万長者のポール・アレン氏は宇宙人探索に1350万ドルを寄付したり、深海調査船を開発されたりしていました。

おそらくお金持ちの行きつく先は大体決まっているのかもしれません。

で、前澤友作さんがマリアナ海溝にもぐる際に使う潜水艦は明かされていませんが、おそらく「Limiting Factor」ではないかと思われます。

前澤友作がマリアナ海溝を潜る潜水艇はLimiting Factorか?深さはいくらまで潜れるか調査!

Limiting Factorの画像
引用:https://bluesea.hatenablog.com/entry/2019/06/18/173001

こちらが「Limiting Factor」という潜水艇の画像になります。

マリアナ海溝にもぐる&有人でとなると、この「Limiting Factor」に潜水艇はなるのかな?と思います。

ちなみにマリアナ海溝の最深部は約10920mだそうです。

Limiting Factorであればそこまで潜ることが可能になります。

引用:https://www.jsanet.or.jp/qanda/text/q1_03.html

日本には有人潜水調査船「しんかい6500」や最大潜航深度7,000mまで調査することが可能な無人探査機「かいこう7000Ⅱ」などがあります。

が、この 「しんかい6500」 は名前の通り6500mまでしか潜ることができません。

前澤友作さんがそれで満足するはずがないので、乗るのであれば一番深い10920mあたりまで潜れるものだと思います。

そうなってくるとそれが可能なのが「Limiting Factor」になります。

この「リミティング・ファクター(Limiting Factor)」を作った会社はアメリカ・フロリダ州にある潜水船では歴史のある「Triton Submarine」社になります。

おそらく前澤友作さんはこの「Triton Submarine」社から打診があったのではないでしょうか?

前澤友作がマリアナ海溝を潜る潜水艇Limiting Factorは深さはいくらまで潜れるか調査!

前澤友作さんが潜ろうとしているマリアナ海溝は最深部が10920mとなっています。

で、この潜水艇である「リミティング・ファクター(Limiting Factor)」はどのぐらいの深さまで潜ることが可能なのでしょうか?

「リミティング・ファクター(Limiting Factor)」は深さ1万4000メートルの水圧まで耐えることができます。

「リミティング・ファクター(Limiting Factor)」号と名づけられたこの潜水船の耐圧殻(内径1.5メートル)は、厚さ90ミリメートルのチタン製で、深さ1万4000メートルの水圧に耐える強度を有する。

引用:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/68249?page=3

ただ、1点だけ気になるのは、

しんかり6500のように

しんかい6500
引用:https://www.jamstec.go.jp/shinkai6500/

推進力を得るプロペラのようなものが「リミティング・ファクター(Limiting Factor)」には見受けられません。

そのため、「リミティング・ファクター(Limiting Factor)」は船からつるされて下にもぐっては行けますが、「リミティング・ファクター(Limiting Factor)」自身で前後左右などには動けないと予測されます。

潜ることに特化した感じですね。

ただ潜るだけにはなってしまうかもしれませんが、このマリアナ海溝の一番深い所にたどり着いたのは2020年時点で8人しかいません。

それを考えると前澤友作さんがチャレンジするには十分な理由かなと思ってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ:前澤友作がマリアナ海溝を潜る潜水艇はLimiting Factorか?深さはいくらまで潜れるか調査!

今回は、宇宙の次はマリアナ海溝を潜ることを発表した前澤友作さん。

その前澤友作さんが乗る潜水艇が何か?調べてみました。

おそらく前澤友作さんが乗る潜水艇は「リミティング・ファクター(Limiting Factor)」というものになると思われます。

また、マリアナ海溝の最深部は10920mですが、「リミティング・ファクター(Limiting Factor)」が潜れる深さは14000mだそうです。

あわせて読みたい
前澤友作と宇宙旅行に行ったメンバーは2人!平野陽三と小木曽詢は誰?プロフィールや顔画像 前澤友作さんが2021年12月8日に宇宙に飛びたちました。 日本の民間人として初めて、12日間、国際宇宙ステーションに滞在します。 そんな前澤友作さんと宇宙旅行に行く...

前澤友作が宇宙から地球に帰還する方法は?どこに帰ってくるのか調査! (mirumiru-honpo.com)

前澤友作が地球に帰る際に使うソユーズ宇宙船の帰還モジュール(カプセル)は事故を起こしたことはない?失敗の確率は? (mirumiru-honpo.com)

前澤友作が乗ったISS(国際宇宙ステーション)は日本の地上から肉眼で見えるの?いつ頃見ることができる? (mirumiru-honpo.com)

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる