マイナポイント第2弾はいつ付与されるの?いつまで申請が必要か調査!

 
スポンサーリンク
 

6月30日より開始されたマイナポイント第2弾

3つの手続きを行う事で、最大20,000ptが貰えると言われています。

そんなマイナポイント第2弾ですが申請していつ付与されるの?

いつまでに申請すれば、マイナポイントが貰えるの?

といった疑問を調べ、まとめています。

スポンサーリンク
目次

マイナポイント第2弾が6月30日からスタート

マイナポイント第2弾が6月30日よりスタートしましたね。

マイナポイント第1弾は、マイナンバーを取得した人が申請を行うことでポイントが貰えました。

今回、行われるマイナンバー第2弾では

・マイナンバーカード取得申請

・健康保健証の利用申込み

・公金受取口座の登録

この3点を行うことで、最大20,000円のポイント付与が受けれます。

(第1弾で、既にマイナンバー取得申請をした人は最大15,000円です。)

6月30日よりマイナポイントの申請開始と同時に始めた人もたくさんいました。

その中で、エラーが出るといった口コミが、目立ちました。

・エラーコード「EL0231」が出る

・マイナポイントアプリから申請ができない

の2点のエラーが多いようです。

これに対する対策も見つけました。

マイナポイント申請の開始に伴い多くの人が、申請を開始したためにエラーが出ているようです。

マイナポイントの申請期間は、まだありますので、もう少し先に申請するのでも良いのではないかと思います。

マイナポイント第2弾の申請終了期限については、後述します。

繰り返しになりますが、マイナポイント第2弾の申し込み開始が6月30日よりスタートしましたが、2022年7月3日時点では申し込みの人が多くエラーが出ている人が多いことが分かります。

ちなみにマイナポイント第2弾のポイントはいつ頃付与されるのでしょうか。

マイナポイント第2弾はいつ付与されるの?

マイナポイント第2弾はいつ付与されるか気になりますよね!

マイナポイントがいつ付与されるかについては、各サイトごとに詳細がアップされている場合があります。

その中でも1番付与が早いと言われているのは、Paypayです。

・Paypay→最短、翌日以降付与

【参考URL:Paypay公式サイト】

(口座登録の完了、システム状況により異なる)

他のサイトを確認していると、翌月以降の申請のところも多くありました。

また、マイナポイント第1弾で、他のキャッシュレス決算を選択し申請した人からは

「付与までが長い!」

といった声が多かったです。

そんな事もり、今回は申請先を変更したといった声も聞かれました。

マイナポイント第2弾をもらうのに、よく利用するキャッシュレス決算を選ぶのが1番だと思います。

しかし、マイナポイントを早く付与して欲しい!

という人は、Paypayを使うと良さそうです。

繰り返しになりますが、マイナポイント第2弾がいつ付与されるかについて調べたところ、各サイトによって付与時期は異なることが分かりました。

マイナポイント第2弾の申請はいつまでに必要?注意点などあるかについても調べてみました。

マイナポイント第2弾はいつまで申請が必要か調査!

先ほどお話ししたようにマイナポイント第2弾では、

・マイナンバーカード取得申請

・健康保健証の利用申込み

・公金受取口座の登録

の3つを行うことで、最大20,000ptが貰えるとお話ししましたね。

実はこの3つですが、申請期限が異なるので注意が必要です。

結論からお話しすると

・マイナンバーカードの取得申請は、9月末日

・健康保険の利用申し込み、公金受取口座の登録は2023年2月

となっています。

マイナンバーカード取得申請によるポイント付与に関しては、申請期限が異なり9月末日と短いです。

マイナポイント第2弾の申請開始が6月30日からなので、約3ヶ月間しかないことが分かります。

あくまで予想になりますが、マイナンバーカード新規取得の申請はマイナポイント第1弾で行われていました。

その事を踏まえて、期限が短く設定されているのでは?と思いました。

現在、手元にマイナンバーカードがあるという人は9月末までに忘れず申請を行いましょう。

一方、まだマイナンバーカードを発行していない人は、より注意が必要です。

というのも、マイナンバーカードの申請からカードの発行までに、時間が掛かります。

住んでいる市区町村によって異なると思いますが、おおむね1ヶ月掛かると言われています。

そのため、マイナンバーカードの申請は8月下旬までに申請していれば間に合うことになります。

あくまで予想にはなりますが、駆け込みでマイナンバーの申請を行うことで役所の作業が遅れる可能性もないと言い切れません。

そのため、まだマイナンバーの申請を行っていないという人は、余裕を持って8月上旬までに申請しておくと良さそうです!

そして、手元に届き次第、忘れずマイナポイント第2弾の申請を行いましょう。

繰り返しになりますが、マイナポイント第2弾の3つの手続きの申請期限は異なります。

マイナンバー取得申請については9月末日、健康保険証利用申し込み・公金受取口座申請については2023年2月までです。

間違えないように、注意して下さいね。

スポンサーリンク

まとめ:マイナポイント第2弾はいつ付与されるの?いつまで申請が必要か調査!

マイナポイント第2弾はいつ付与される?申請の期限の違いについてお話ししました。

すでに始まっているマイナポイント第2弾の申請。

急がず、忘れず、申請を行えると良いですね。

あわせて読みたい
マイナポイント第2弾のエラー数字MKCZ807Eとはなに?対処法は? マイナポイント第2弾がスタートしましたね。皆さん早速登録を始めているようです。 しかし、エラー画面になり、申し込みが進まないことが多発しているようです。 中でも...

岸田トークンはどこで手に入れることができるの?受け取り方は? (mirumiru-honpo.com)

小麦粉の値上げの2022年の理由は?影響はいつまで続くのか予想! (mirumiru-honpo.com)

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次