尾上松也のタトゥーはシール?書いているの?時間がどれぐらいかかるか調査!

 
スポンサーリンク
 

歌舞伎役者やドラマ・映画俳優、さらにミュージカルの舞台俳優まで様々なジャンルで活躍をする尾上松也さん。

2022年秋ドラマに登場する尾上松也さんの姿が話題になっています。

今回は尾上松也さんの役柄で使用するタトゥーはシールなのか?書いているのか?

タトゥーに時間がどれぐらいかかるのか調査したいと思います。

スポンサーリンク
目次

尾上松也がドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」で全身タトゥー姿を披露!

尾上松也画像
https://www.excite.co.jp/news/article/Entameplex_17504/

2022年10月5日スタートのフジテレビ系新ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』。

原作は『ヤングマガジン』、WEBコミック配信サイト『コミックDAYS』で2018年~2020年にかけて連載された作品。

累計120万部突破のコミックになります。

番組のアメーバオフィシャルブログで作成された公式ブログが2022年9月8日に更新されました。

尾上松也さんが演じるのは『SKULL』という半グレ集団のリーダー・サイ役。

カメラをにらみつけるような憎々しい表情で舌を出し、こちらに向かって挑発的なポーズを取っています。

10年ぶりに地髪を金髪に染め上げた金髪のオールバック。

柄シャツに赤いベロアのジャケットを合わせたコーディネート姿。

さらに驚くべきは首や胸元、腕にまでびっしりと施された全身タトゥーメイク

尾上松也さんの普段の穏やかな雰囲気とは一転、迫力ある”サイ”のビジュアルに仕上がっています。

コメントには「街で会ったら逃げたくなる見た目」とのこと。

しかし、性格まではビジュアル通りにならなかったようで「実は……人見知りなことが判明」と尾上松也さんの意外な一面が暴露されていました。

尾上松也画像
https://pex.jp/point_news/6a75706bd8c448aacce1b6062efa51c2

また、アメーバオフィシャルブログでは尾上松也さんの撮影の合間の様子も紹介。

金髪で全身タトゥー姿の尾上松也さんが椅子に座り、疲れた姿を見せています。

「待ち時間の尾上松也さん……。ハードな撮影で燃え尽きました」とコメント。

全力で撮影に挑んでいる姿が伺えますね。

ドラマ放映が楽しみです!

ところで、今回のドラマで披露される尾上松也さんの全身タトゥーですが、シールなのでしょうか?

それとも書いているのでしょうか?

尾上松也のタトゥーはシール?書いているの? 

尾上松也画像
https://www.instagram.com/p/Cie300eJ9ud/?igshid=YmMyMTA2M2Y=

フジテレビ系ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』で全身タトゥー姿を披露する尾上松也さん。

ドラマの公式サイトを見ると、撮影日が異なる日でもタトゥーの入り方にはばらつきがないように感じられます。

ということは、タトゥーシールを使用しているのでしょうか?

タトゥーシールは商品によって異なりますが、だいたい3日位は綺麗な状態を保てるようです。

お風呂に入っても極端にごしごし擦ったりしなければはがれないとか。

また、はがす時も洗顔オイルなどで優しく擦れば綺麗にはがせるそう。

ただ、全身ともなると、毎回貼ったりはがしたりするのは相当な労力になりそうですよね。

実は、ドラマなどの撮影の場合、消えにくい塗料を使ってフェイクタトゥーを実際に描いてもらうことが多いようです。

中には美術スタッフの方がタトゥーを真似して描くこともあるとのこと。

ただ、ヤクザ映画などで使うフェイクタトゥーをペイントする専門会社もあるそうです。

和彫りを肌に表現するためには和彫り刺青師の一門等に修行しなければ身に付かないとのこと。

昔の日活映画などで伝説の刺青絵師と言われてきた方たちも、本物の刺青彫師の所で学んできたそうですよ。

そのため、本物らしいタトゥー姿を追求するためにフェイクタトゥーをペイントする専門会社に依頼することも多いとか。

今回の尾上松也さんの役柄は全身タトゥー姿なので、専門会社に依頼して本物らしく仕上げている可能性も高そうですね。

ところで尾上松也さんのタトゥー姿ですが、完成にはどのくらいの時間がかかるのでしょうか?

尾上松也のタトゥーはシール?書いているの?時間がどれぐらいかかるか調査!  

尾上松也画像
https://mantan-web.jp/article/20220818dog00m200008000c.html

尾上松也さんの全身タトゥー姿を仕上げるにはどのくらいの時間がかかるのでしょうか?

フェイクタトゥーをペイントする専門会社の例を参考にすると、背中一面で2~3時間かかるようです。

以前は背中一面で6時間ほどかかっていたそうですが、現在は役者の負担を軽減できる方法で制作時間が短くなったとか。

制作過程としては、事前にフェイクタトゥーを入れる範囲の採寸を衣装合わせの時にするそうですよ。

そこでデザインの打ち合わせもするようです。

制作は2人体制。

撮影終了後には、役者の希望によってはペイントを落とす作業もするそうです。

しかし、デザインや色の入れ方によっては制作時間も変わるとか。

今回の尾上松也さんの役は全身タトゥーなので、相当な時間を要しそうですよね。

背中一面で2~3時間、その他に大きく分けてお腹・両手・両足。

短く見積もっても8時間ほどの時間がかかっているのではないでしょうか?

フェイクタトゥーのペイントだけで8時間以上と考えると、演技をする前に疲れてしまいそうですよね(苦笑)

今後、制作秘話としてタトゥーのペイント時間が語られることもあるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ:尾上松也のタトゥーはシール?書いているの?時間がどれぐらいかかるか調査!

尾上松也さんのタトゥーはシールなのか?書いているのか?時間がどれぐらいかかるか調査してきました。

尾上松也さんの今回の役柄で披露される全身タトゥー姿。

恐らくはシールではなく、フェイクタトゥーを実際に描いてもらっているのではないかと思います。

また、フェイクタトゥーを書く時間ですが、背中一面で2~3時間かかるとのこと。

今回は全身になるので、短く見積もっても8時間ほどかかっているのではないかと考えられます。

いよいよ2022年10月5日にスタートする新ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』。

ストーリーとともに、尾上松也さんのタトゥー姿にも注目していきたいと思います。

石塚陸翔の2022現在の年齢や身長は?兄弟(妹)の顔画像を調査!

菅生新樹の大学は駒澤!?高校も卒アル画像から大阪府立渋谷と判明?

画像|迫田孝也の嫁が元モデルで美人!名前は浅井みくりで馴れ初めは?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次