年金生活者に5千円給付案!どうして5000円なの?このタイミングの根拠や理由を調査!

 
スポンサーリンク
 

2022年3月15日に自民、公明両党幹部が首相官邸を訪れて要望したことによって明らかにされました。

コロナ禍の高齢者向け支援策として年金生活者に5千円を給付する案が上がってきています。

どうして5000円なのでしょうか?

また、その根拠や理由について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク
目次

年金生活者約2600万人に一律約5千円を配る案が浮上!

2022年3月15日に自民、公明両党幹部が首相官邸を訪れて要望した中に年金生活者に5000円の給付案がありました。

政府・与党がコロナ禍の高齢者向け支援策として検討する「年金生活者臨時特別給付金」が波紋を呼んでいる。複数の与党幹部によると、約2600万人に一律約5千円を配る案も浮上。
現役世代とのバランスを欠くため、若者や専門家からは批判が相次ぐ。野党も国会論戦に持ち込んだ。

給付金は15日に自民、公明両党幹部が首相官邸を訪れて要望した。対象は高齢者のほか、障害や遺族年金の受給者で、所得が低い住民税非課税世帯向けの10万円の「臨時特別給付金」を受け取った人は除かれる。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/296d27829fd7f4a4052f20c3e29df87facd8e3d3

ということで、所得が低い住民税非課税世帯向けの10万円の「臨時特別給付金」を受け取った人は除かれるということですが、年金生活者に対して給付金5000円が配られる可能性があります。

気になるのはどうして5000円なのでしょうか?

なんでももっと金額を大きくしないのでしょうか?

※5000円でも予定されている2600万人に配布すると、130,000,000,000円(1300億円)になりますが、、、

年金生活者に5千円給付案はどうして5000円なの?根拠や理由を調査!

それでは、どうして10万円の給付とかではなくて年金生活者には5000円なのでしょうか?

その理由や根拠としては2022年4月から年金額が今よりも0.4%下がることが由来しているようです。

現役世代の賃金がコロナ禍で下がっており、年金額も連動する仕組みだ。

すべての年金加入者が受け取る基礎年金の満額(月額)は259円減って6万4816円となる。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/296d27829fd7f4a4052f20c3e29df87facd8e3d3

259円減っているので12か月分として3108円。

まぁ、きりがいいところとして5000円としたのではないでしょうか?

与党側の言い分としては

与党側は、現役世代は賃上げを期待できるが、年金はすぐに増えることは期待できないため、検討中の給付金で穴埋めすることなどを目的にするという。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/296d27829fd7f4a4052f20c3e29df87facd8e3d3

ただ、年金が下がった理由は、年金の元手が現役世代の支払う保険料で、現役世代の賃金がコロナ禍で下がっているので年金が下がりました。

で、賃上げで期待できるということですが、実際に現役世代の賃金が上がるかどうか不透明です。

また、今回は10万円の臨時特別給付金を貰った、低年金の人への追加ではなく、年金支給者全員が基本となっています。

どうしてこのタイミングでしょうか?

年金生活者に5千円給付案はどうしてこのタイミングなの?

どうして年金生活者にこのタイミングで5000円を給付するのでしょうか?

しかも低年金の人ではなく、全体的に。

「何で高齢者だけなんですか。選挙目当てって言うんじゃないですか」。17日の参院予算委員会で、立憲民主党の蓮舫議員が指摘した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/296d27829fd7f4a4052f20c3e29df87facd8e3d3

蓮舫議員がこうおっしゃっているように、2022年7月人は参院選があります。

※選挙対策のためにこのタイミングで年金生活者に5000円を配るとは誰もいってはいませんが…

この参院選目前に使えるように本当は育児世代への10万円の給付金も5万円現金で5万円クーポン券でしたが、国民や自治体の反対にあい、10万円を現金で配布することもOKにした歴史があります。

ちなみに年金が減るのは参院選7月の前の4月です。

「“現役世代の給料が下がっているのに年金生活者は同じ水準もらい続けていいのか”という議論の中、年金制度改革が行われた。

今年は0.4%分、年間平均で5000円程度の下げ幅だが、この“年金が下がる”という通知書が来るのが6月10日と、まさに7月の参院選の直前なので、与党にとってはマイナスになる。

そこでこの5000円を補填することで選挙対策にしようということだ」

https://news.yahoo.co.jp/articles/9444d095f50857756d96b09cbbb656eb58f8cb42

という感じでやはり選挙のタイミングに合わせようとしているのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ:年金生活者に5千円給付案はどうして5000円なの?このタイミングの根拠や理由を調査!

今回は、2022年3月15日に出てきた年金生活者に5000円を給付する案についてどうして5000円なのか。

また、どうしてこのタイミングなのか?その根拠や理由について調べてみました。

理由としては2022年4月から0.4%年金が減るので7月の参院選前だと非常に高齢者にとって印象が悪いので、減った分の補填として選挙が行われる前に配布しようしていると思われます。

実際、配布されるんですかね。。。

それよりもガソリン高やインフレ対策をしっかりしてくれた方が票が伸びそうな気もしますが。。。

岸田文雄首相のプッシュ型給付金って何?いつ頃もらえたり申請が必要なのか調査! (mirumiru-honpo.com)

18歳以下の給付金はいつもらえるの?高校生のみ場合の申請方法を調査! (mirumiru-honpo.com)

18歳以下の給付金で現在妊娠中の子供はもらえるの?いつまでに出産すれば大丈夫か確認! (mirumiru-honpo.com)

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる