プーチンと両親の画像は似ていない?母が2人いる説も!父は英雄だった!

 
スポンサーリンク
 

ウクライナへの侵攻で話題になっているロシアのプーチン大統領

プーチン大統領の両親の画像が公開されていますが、似ていない?と噂になっています。

また、プーチン大統領には、母親が2人いるという説もあるようです。どういうことなのでしょうか?詳しく見ていきたいと思います。

さらには、父親は英雄だったという情報も。

そこでこの記事では、プーチン大統領の両親について調査しました。

スポンサーリンク
目次

プーチンと両親の画像は似ていない?

プーチン大統領の画像
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/

ウクライナへの侵攻を進めているロシアのプーチン大統領。

どんな生い立ちなのか気になりますよね。

プーチン大統領と両親の画像は似ていない?という噂についても真相を確かめてみました。

プーチン大統領は、1952年10月7日にソビエト連邦のレニングラード(現サンクトペテルブルク)にて誕生。

当時、両親は41歳の頃で第三子として生まれました。

プーチン大統領の幼少期と母親の画像
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/

父親はウラジーミル・スピリドノヴィチ・プーチンさん、母親はマリア・イワーノヴナ・シェロモーワさん

こちらが、プーチン大統領と両親の画像です。

プーチン大統領と両親の画像
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/

両親はどちらも1911年に生まれ、17歳で結婚。

第一子を授かるも乳児期に亡くし、第二子も第二次世界大戦中に2歳で亡くなってしまいます。

つまり、プーチン大統領には2人の兄がいたということになります。

母親は包囲戦を生き延び、1952年プーチン大統領が誕生。

プーチン大統領は自身の生い立ちについて、家庭環境はあまり裕福な暮らしではなく、母親とつつましく暮らしたと語っています。

少年時代は共同アパートで過ごし、母親が様々な手料理を作ってくれたそうです。

プーチン大統領いわく、母親は物腰の柔らかい品の良い女性

小学6年生の頃からプーチン大統領が通った柔道教室は、暴力的に思い「また喧嘩しに行くのか」と初めは反対していたようです。

争いを好まない優しくて温厚な母親だったのでしょうね。

プーチン大統領の頑固で勤勉な性格は、父親から受け継いでいたそう。

しかし、両親の画像を見ると似ていないような気もしますね。

噂では、母親が別にいるとも言われています。

真相について、詳しく調べてみました!

プーチンの母親は2人いる説も!

プーチン大統領の画像
引用:https://www.chunichi.co.jp/article/436416

プーチン大統領の母親について詳しく調べていきます。

母親は、画像で知られているマリア・イワーノヴナ・シェロモーワさんの他にもう1人いるとも噂されています。

プーチン大統領の母親は2人いる説は本当なのでしょうか?

大統領に就任する前の2000年2月、隣国のグルジア(現ジョージア)に住む高齢女性が、プーチン大統領の「実母」として地元の新聞やテレビに取り上げられました。

いわゆる「生みの親」と呼ばれる女性がいたのですね。

この女性の証言が一冊の本にまとめられ、『ロシア大統領の秘められた経歴』というタイトルで出版されました。

しかし、大統領のプライベート情報だからか発売直後にロシア当局から発禁処分

発行が中断され、すでに発行された本の大半が破棄されることになったのです。

そのため、現在はその本は発行されていませんが、内容についての情報があったので時系列でご紹介していきます。

STEP
プーチン大統領の出生

プーチン大統領は、「生みの親」と言われた女性と既婚男性の不倫の末に生まれた子どもでした。

STEP
母親が別の男性と結婚

本当の父親は既婚者であったため、母親はのちに別の男性と結婚します。

STEP
祖父母に預けられる

義父は血の繋がらないプーチン大統領を疎み、10歳の頃から祖父母に預けました。

STEP
寄宿学校に入学

祖父母は高齢で子育てができず、寄宿学校に入ります。

STEP
「両親」に引き取られる

その後、現在「両親」と言われている2人に引き取られたと書かれています。

本の出版や報道の後、「生みの親」の自宅から、関係者たちによってプーチン大統領の写真が全て持ち出されてしまったとのことです。

そのため、証拠となるものもなく取材やテレビ放送も叶わず、女性もすでに亡くなっています。

プーチン大統領の本当の生い立ちについて知る人はもう誰もいないので、真相は謎のまま。

しかし、プーチン大統領は母親についてこのように語っていました。

なぜ私たちは皆、母親が大好きなのか?

それは生まれて最初に出会う人だからだ

子供はかなり長い時間母親の世界で育つ

すべて母親との繋がりであり、全て母親から受け継いだもの

プーチ大統領は人前で母親の話をあまりしないが、母親に愛情を持って思い出しているそうです。

生みの親、育ての親がいたとしても、「母親」であることには変わりないのでしょうね。

プーチンの父親は英雄だった!

プーチン大統領の画像
引用:https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20220307/pol/00m/010/029000c

続いては、プーチン大統領の父親について詳しく見ていきましょう。

「英雄だった」と言われているプーチン大統領の父親は、どんな人なのでしょうか?

プーチン大統領が生まれた1952年は、終戦から7年後、まだ第二次世界大戦後の混乱期でした。

父親は活動に熱心で、周囲に尊敬される厳格な人柄だったそうです。

プーチン大統領の父親の画像
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/

プーチン大統領の父親の経歴がこちら。

  • 共産党員の無神論者
  • ソビエト連邦海軍の潜水艦隊に配属
  • 第二次世界大戦では内務人民委員部の破壊工作部隊
  • 独ソ戦で傷痍軍人となる

「傷痍軍人」とは、

戦傷やその他の公務のために傷痍を負った軍人、軍属。

軍人恩給法によって増加恩給・傷病年金・傷病賜金の受給権有資格者をさす。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%82%B7%E7%97%8D%E8%BB%8D%E4%BA%BA

とのことで、つまりは国のために戦い抜いた「英雄」と呼ばれる存在だったのですね。

戦後は、レニングラードの鉄道車両工場で熟練工として働いていたそうです。

小学生の頃にプーチン大統領にドイツ語を教えていた教師からすると、頑固で勤勉な性格は父親から受け継いでいて、記憶力は抜群で頭の回転も速かったそう。

しかし、問題児で悪ふざけを繰り返していたという証言通り、プーチン大統領自身も幼少期について同じことを語っています。

プーチン大統領の少年時代の画像
引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/

とても整った綺麗な顔立ちですよね。

他にも、「私はストリートで育った荒くれ者だった」と語る場面も。

侮辱する言葉を投げかけられると、相手が誰でも飛びついて殴りかかったり、酔っ払いにからまれている市民を助けにいき、暴れる大人を次々に投げ飛ばしたり…

という武勇伝がたくさんあるようです。

父親譲りの正義感や気の強さがプーチン大統領にも引き継がれているのかもしれないですね。

スポンサーリンク

まとめ:プーチンと両親の画像は似ていない?母が2人いる説も!父は英雄だった!

ロシアのプーチン大統領の両親についてまとめました。

両親の画像は似ていないと言われ、母親が2人いる説もありました。

はっきりした情報は不明ですが、他に生みの母親がいた可能性があります。

また、父親は戦争の最前線で活躍した英雄だったことがわかりました。

今後の情報にも注目したいと思います。

プーチンと嫁のリュドミラ夫人の離婚理由は?夫人の再婚相手は誰か調査!

プーチンの再婚相手の嫁はアリーナ・カバエワか?噂の愛人10人を調査!

プーチンの娘・マリアとカテリーナの顔画像が美人!年齢やプロフィールは?

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる