鈴木俊一財務相はなぜ事務費がいくらかかるか聞いていないの?報告を上げなかった?それとも忘れた?

 
スポンサーリンク
 

鈴木俊一財務相ですが、岸田文雄首相が決めた子育て世帯への給付金にかかる事務費がクーポンにしたため900億円割高になって1200億円かかることを記者団から聞かれて「まだ聞いていないと。」と答えました。

鈴木俊一財務相はどうしてまだ聞いていないのでしょうか?

それとも 鈴木俊一財務相 は下の報告を聞いたけど忘れてしまったのでしょうか?

鈴木俊一財務相 がどうしていくらかかるか聞いていないのかを考察してみました。

スポンサーリンク
目次

鈴木俊一財務相は給付金の事務費が1200億円と聞いていない…

財務省の大臣である鈴木俊一財務相

そんな鈴木俊一財務相ですが、2021年11月27日に下記のように述べてじゃっかん炎上気味になっています。

「いくらかかるのかはまだ聞いていない。(給付金は)いずれ適切に執行されると思っている」

ちょっと他人ごとのように聞こえるのは聞こえますね。

ちなみに岸田文雄首相が決めた子育て世帯への給付金ですが、5万円は2021年年内に給付し、残り5万円を2022年春までにクーポンで配布するようにしました。

で、このクーポンにしたことによって事務経費などで900億円割高になって、事務費が計1200億円かかるようになったそうです。

18歳以下への10万円相当の給付について、財務省は、現金とクーポンに分けて給付することで、事務的な経費が、現金で一括給付するのに比べて、およそ900億円高い1200億円となることを明らかにしました。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211126/k10013363811000.html

この事務費がいくらかかるかというのを鈴木俊一財務相は「聞いていない。」と答えたようです。

では、鈴木俊一財務相はどうして聞いていないのでしょうか?

そこが気になりますね。

鈴木俊一財務相がなぜ聞いていないのか考察してみました。

鈴木俊一財務相はなぜ事務費がいくらかかるか聞いていないの?部下が報告を上げなかった?

それでは、なぜ鈴木俊一財務相は聞いていないのでしょうか?

その理由の前に前提として考えておかないといけないことがあります。

  1. 本当に聞いていない。
  2. 本当は聞いている。

この2つです。

それでは、この段落では「①本当に聞いていない」場合考えられる原因について考察してみたいと思います。

  • 部下が報告を上げていない
  • まだ正式に決まっていない
  • 分かったのが前日の11月26日

とかではないでしょうか?

●部下が報告を上げていない

ことが大きくなったのは11月26日に立憲民主党の後藤祐一氏が記者団に対して900億円割高になって1200億円になったことを述べたことによります。

それまで事務経費がいくらかかるというのがわかっていたが、鈴木俊一財務相に報告を上げるほどのことではないと思って、部下が止めていたかもしれません。

また、

という話もあるのであえて報告を上げなかった理由もあります。

●まだ正式に決まっていない

クーポンで配布することは決まりましたが、経費がいくらかかるかはまだ概算の段階で、正式に決まっていないので上まで報告が上がっていなかったということはあるのではないでしょうか。

正式決定ではないので、上に報告を上げることができなかった。というのも考えられます。

●わかったのが前日の11月26日

鈴木俊一財務相ですが、報道では

訪問先の新潟県糸魚川市内で記者団の取材に応じた鈴木氏

引用:https://www.asahi.com/articles/ASPCW6R6LPCWULFA00C.html

とあるので、訪問しており経費がいくらかかるか分かったのが、前日の11月26日などであれば物理的に報告を受けることができなかったのではないでしょうか?

最近はPCで共有したり、メールとかでも仕事ができるとは思いますが、鈴木俊一財務相はTwitterなどを活用されている感じはしません。

ご年齢的にITに詳しくなさそうなので、紙や電話とかでの報告でないと難しいのかもしれませんね。

そのため、把握できていなかったのではないでしょうか?

鈴木俊一財務相はなぜ事務費がいくらかかるか聞いていないの?報告があったけど忘れた?

引用:https://www.facebook.com/people/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E4%BF%8A%E4%B8%80/100016937237040

次に考えられるのは鈴木俊一財務相が本当は報告を聞いていた場合の話です。

「②本当は聞いている」のに、聞いていないと答えてしまった場合です。

  • 聞いたけど忘れてしまった
  • 重要なことではないと思っている

とかではないでしょうか?

前述しているように、自民党はこの1200億円になったことをそれほど大きなことと思っていなかった気がします。

それが2021年11月26日に

立憲民主党の後藤祐一氏は26日、衆院予算委員会理事懇談会で財務省から、給付事務にかかる費用について「約1200億円」と伝えられた、と記者団に説明。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASPCW6R6LPCWULFA00C.html

という話があってから炎上した気がします。

それまでここまで大きな話になるとは思っていなかったのではないでしょうか?

だから、それほど重要なことと思っていなかったので、数字だけを聞いて、忘れてしまっているというの可能性はあると思います。

※可能性の問題ですので、報告があったかどうかは不明ですし、鈴木俊一財務相は聞いていないとおっしゃっているので、聞いていないのが正しいと思います。

あとは、この話が本当であれば、本当に仕事がわかっていない可能性もあるのではないかなーと思ってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ:鈴木俊一財務相はなぜ事務費がいくらかかるか聞いていないの?報告を上げなかった?それとも忘れた?

今回は、2021年11月27日に記者団の質問に対して、クーポンで配布することによって、事務経費などが900億円割高の1200億円になることを

「いくらかかるのかはまだ聞いていない。(給付金は)いずれ適切に執行されると思っている」

と述べた鈴木俊一財務相

どうして鈴木俊一財務相は聞いていないのか?を考察してみました。

まぁ、一番考えられるのは鈴木俊一財務相は出張先だったので、報告を部下があげていなかったのではないでしょうか?

※政治批判をしたいわけではなく、どうして?と疑問に思ったことを考察したいだけなので、その点をご理解ください。

5万円のクーポン印刷や事務処理の会社はどこ?経費1200億円の内いくら中抜きされるの… (mirumiru-honpo.com)

岸田文雄は金融所得(株式)資産がないから増税できる?議員で一番持っているのは誰? (mirumiru-honpo.com)

岸田首相のクーポン給付のバウチャー方式とはなに?期限や使い道・用途が決まってるか確認! (mirumiru-honpo.com)

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる