トンガ津波は東京や大阪はいつ到着するの?高さは?ハザードマップを紹介!

 
スポンサーリンク
 

2022年1月15日に起きたトンガ沖で発生した海底火山の噴火による津波ですが、日本でも影響が出ています。

岩手県や奄美群島・トカラ列島では津波が3mの高さに及ぶということ警報も出ています。

また、太平洋側の広範囲では津波注意報も出ています。

気になるのは東京や大阪はどうなのか?というところですね。

トンガの津波がいつ東京や大阪に到着するのか?また、高さはどれぐらいを予想されているのか調べてみました。

また、ハザードマップなどもご紹介させていただきたいと思います。

スポンサーリンク
目次

トンガ沖で発生した海底火山の噴火で津波が発生!トンガってどこ?

引用:https://kahoku.news/articles/knp2022011501000781.html?format=slide&page=1

こちらがトンガになります。

日本から結構はなれていますね。

ニュージーランドの近くに位置するようです。

そこで発生した海底火山の噴火による津波が日本に到着するころには最大1m~3mになると言われています。

当初は、津波の心配はないと言われていましたが、その後、変更。

岩手や奄美群島・トカラ列島には津波警報が発令されました。

トンガ沖では15日午後1時ごろ(日本時間)に噴火が発生した。

これを受け、気象庁は15日午後7時3分に「太平洋に若干の潮位変化が予想されるが、被害の心配はない」と発表した。

しかし、16日午前0時15分には奄美群島、トカラ列島に、午前2時54分には岩手県にも津波警報を発表。

北海道から沖縄県にかけての太平洋側の広い範囲に津波注意報を出した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/98678c45674bda1ebfed125348d33d0b6dee1f71

ちなみに東京都や大阪はどうなっているのでしょうか?

東京都や大阪の津波の高さやいつ頃到着が予想されているのか紹介したいと思います。

トンガ津波は東京や大阪はいつ到着するの?高さは?

引用:https://emergency-weather.yahoo.co.jp/weather/jp/tsunami/?1642273620

こちらは2022年1月16日4時7分時点の津波情報になります。

今後変更があるかもしれませんの情報は逐一とるようにしましょう!

2022年の大学入学共通テストはなんか踏んだり蹴ったりですね。。。

1月15日は東京大学で殺傷事件が発生し、次の16日はこの津波注意報や警報。

受験生は色々心配になったり雑音は入ってくると思いますが、他の受験生も同じ状況だと思うので頑張って欲しいです。

で、上記の図から2022年1月16日4時7分時点では大阪にはほとんど津波がこないと予想されています。

大阪の津波の高さは0.2m未満とされています。

それでは、東京都はどうなっているのでしょうか?

東京都もほとんど神奈川県や千葉県がブロックしているおかげで津波がほとんどないと予想されています。

東京都の津波の高さは、こちらも0.2m未満とされています。

また、いつ津波が到着するのか?というところでいうと、2022年1月16日4時7分時点の情報では和歌山県や千葉県には第一波の到達を確認されています。

そのため、東京都や大阪にも津波はすでにきていると思われます。

ただ、満潮と津波が重なる時が一番高くなりやすいので決して注意報が解除されるまでは海に近づかないようにしましょう。
※注意報や警報が出ている所の人は。

東京都や大阪府の津波のハザードマップを紹介!

引用:https://disaportal.gsi.go.jp/maps/

こちらは国土交通省が運営する、「ハザードマップポータルサイト」です。

自分の地区と公開されているハザードマップを重ねて表示することができます。

ただし、これは2022年1月15日・16日のトンガ沖の津波の予想ではなくて、想定最大規模の津波が発生した時のハザードマップなので注意してください。

ちなみに色分け的には

引用:https://disaportal.gsi.go.jp/

となっています。

また、これ以外の東京都のハザードマップを入手できるサイトはこちらになります。

東京都建設局の洪水ハザードマップ

こちらから自分が住んでいる地域の詳細なハザードマップを入手することができます。

次は大阪府を見てみたいと思います。

引用:https://disaportal.gsi.go.jp/

こちらは大阪府の津波のハザードマップになります。

ただし、何度もいいますが、これは2022年1月15日・16日のトンガ沖の津波の予想ではなくて、想定最大規模の津波が発生した時のハザードマップなので注意してください。

大阪府のハザードマップはこちらから入手できます。

おおさか防災ネット

こちらからご自身が住んでいる地区を選択していただければ見ることができるようになっています。

スポンサーリンク

まとめ:トンガ津波は東京や大阪はいつ到着するの?高さは?ハザードマップを紹介!

今回は、2022年1月15日にトンガ沖で発生した海底火山の噴火による津波について調べてみました。

大阪府と東京都は湾内に位置しているということもあり、今回のトンガでの津波は0.2m未満と予測されています

ただし、これは2022年1月16日4時7分時点の情報で、今後情報が変わる可能性がありますので十分注意してください。

また、津波自体は第一波はすでに到着しているようです。

大阪府と東京都のハザードマップもご紹介しましたが想定最大規模の津波が発生した場合のことなので、今回のトンガでの津波によるものではないのでご注意ください。

あわせて読みたい
トンガ津波は東京や大阪はいつ到着するの?高さは?ハザードマップを紹介! 2022年1月15日に起きたトンガ沖で発生した海底火山の噴火による津波ですが、日本でも影響が出ています。 岩手県や奄美群島・トカラ列島では津波が3mの高さに及ぶという...

沖縄の軽石の除去方法は?処分の仕方は物理的にとって埋めるしかない?東京に来た場合はどうする? (mirumiru-honpo.com)

沖縄の軽石の漂着はいつまで続くの?海底火山から今も作られている? (mirumiru-honpo.com)

沖縄の軽石の原因は海底火山でどこから来たの?九州や四国・本州・東京に漂着することはある? (mirumiru-honpo.com)

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる