YouTubeのシークバーの上にある波はなに?音量ではなく視聴率!

 
スポンサーリンク
 

2022年5月にYouTubeに新しく実装された機能。

それはYouTubeのシークバー(映像のどこを見るかを選ぶなどの赤い線のバー)の上に波が表示されるようになりました。

なかに、表示されていない動画もありますが。

このYouTubeのシークバーの上に出てきた波はなんでしょうか?

音量でしょうか?何なのかを解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
目次

YouTube動画のシークバー上に波が表示!

この赤い線がYouTube動画のシークバーといいます。

動画のどこをみているのか?

また、早送りや巻き戻しなどもできるものですが、その上に2022年5月から新しい機能が実装されています。

それが波形のグラフです。

当初はYouTubeプレミアムのみの機能として2021年10月ごろに実装されていました。

ただ、2022年5月には通常のYouTube動画にも実装されるようになっています。

また、YouTubeのiPhone版やPC版やAndroid版でも実装されていることが確認できます。

ちなみにこの波は何を表しているのでしょうか?

YouTubeのシークバーの上にある波はなに?音量ではなく視聴率!

こちらのYouTube動画のシークバーの上に出てきた波ですが、動画内のボリューム(声)の大きさではありません。

自分は最初みたときボリュームの大きさだと思っていました。

※動画を編集したりする際に出てくる波に似ていたので苦笑

こちらのシークバーの上に出てきた波は、その動画内の視聴率が高い所を表していることになります。

ちなみにこちらの波はシークバーを動かそうとしたときに出てきますので、「あれ?表示されないなー」と思う方は試してみてください。

この機能、ある動画サイトにはよく実装されている機能になります。

そのため特に男性は既視感があったようです。

この機能を実装した目的は何でしょうか?

また、デメリットやメリットはあるのでしょうか?

YouTubeのシークバーの上にある波を実装した目的は?メリットやデメリットは?

この再生回数を表示させるバーをYouTubeが導入した目的はなんになるのでしょうか?

メリットの一つになるとは思いますが、動画をより長く見てもらうための施策だと思います。

導入部分でつまらなさそうな動画と視聴者が判断した場合、次の動画にいったりといままではしていたのを、この視聴率の機能があることによって、一番動画の盛り上がりがわかるので、そこを見て判断しようという視聴者が現れると考えられます。

そうすることによって動画の視聴時間が長くなるのではないでしょうか?

ただ、これはデメリットとしても考えられます。それは、動画の盛り上がり部分だけをみて動画を見た感じにする人も増えるためです。

動画の盛り上がりの少し前から視聴を始めて、盛り上がり部分だけをみて動画を終了する人も増えるのではないでしょうか?

そうなると総視聴時間が短くなる人も出てくると思います。

動画を飛ばすしてほかに行く人をとどめて視聴させる時間 > 盛り上がり部分だけ見て終わりにする人の視聴時間

この図式が成り立てば今回のYouTube側の施策は上手くいったと言えるのではないでしょうか?

おそらくプレミアムでは上記のように総視聴時間は増えたので今回の施策を全体に反映させたのだと思います。

自分的には導入部分をあまり見ずにもとから飛ばしていたので、こういった機能が実装されたことはありがたいですね。

スポンサーリンク

まとめ:YouTubeのシークバーの上にある波はなに?音量ではなく視聴率!

今回は、2022年5月にYouTube動画に新しく実装された機能。

シークバーの上に表示される波について調べてみました。

あの波は、ボリュームの大きさではなく視聴率ということでした。

あわせて読みたい
Twitterの「自分向きではない(下矢印)」は何?押したらどうなるの? SNSの機能も、どんどん新しくなっています。 Twitterの機能に、「自分向きではない」という下矢印ボタンが追加されました。 どのような意味合いのボタンで、押したらど...

TikTokのステルスマーケティングに協力したTwitterのインフルエンサーは誰?アカウントを調査 (mirumiru-honpo.com)

TikTokのURLを貼った人のIDを隠す方法は?垢バレを防ぐ設定方法を解説! (mirumiru-honpo.com)

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる